サン・セバスティアーノ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂

マーカーはサン・セバスティアーノ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂です。

サン・セバスティアーノ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂(Catacombe di San Sebastiano)
[聖セバスティアヌスの聖遺物は、現在ローマバシリカ内にあると主張がされている(367年にローマ教皇ダマスス1世(在位:366年 – 384年)が建てたバシリカ・アポストロルム)。この場所には、聖ペテロと聖パウロの仮の墓があるところである。教会は現在、サン・セバスティアーノ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂(San Sebastiano fuori le mura)と呼ばれている(建物は1610年代にシピオーネ・ボルゲーゼの後援で再建されたもの)。  (wikipedia・セバスティアヌスより)]

[現在のカトリック教会は、重要な教会堂や大聖堂にバシリカの語を充てているが、本来は、ローマ教皇によって宗教的特権を与えられた七つの教会堂を示すもので、サン・ピエトロ大聖堂はそのひとつであることを意味する。実際に、現在の聖堂は伝統的なバシリカ式の教会堂建築ではない。特権を与えられた7つのバシリカは、サン・ピエトロ大聖堂のほか、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂、サン・セバスティアーノ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂、そしてサンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ聖堂で、かつては聖年に巡礼を行うと、贖宥されるとされた教会堂であった。  (wikipedia・サン・ピエトロ大聖堂より)]

[カタコンベ(イタリア語:catacombe)は、地下の墓所のこと。もともとはローマのサン・セバスティアーノ・フォーリ・レ・ムーラ教会の埋葬場所のことを意味していたが、死者を葬る為に使われた洞窟、岩屋や地下の洞穴のこと全般を指すようになった。
「ローマのサン・セバスティアーノ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂のファサード」・wikipedia-photo  (wikipedia・カタコンベより)]

Wikimedia Commons contiene immagini o altri file sulle catacombe di San Sebastiano

サン・セバスティアノ・フオーリ・レ・ムーラ聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がサン・セバスティアーノ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂です。

サン・セバスティアーノ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂エントランス前のカメラです。

サン・セバスティアーノ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂拝廊のカメラ

サン・セバスティアーノ・フォーリ・レ・ムーラ聖堂身廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*