サン・バルトメオ教会

マーカーはサン・バルトメオ教会です。

サン・バルトメオ教会(Basilica di San Bartolomeo all’Isola)
[サン・バルトロメオ・アッリゾーラ教会はローマカトリック礼拝所で、 リパ地区のティベリーナ島にあります。
使徒聖バルトロメオの遺物を収容するためにティベリーナ島に1000年に建てられました。 それは小聖堂の威厳を持っています。
神聖ローマ皇帝オットー3世(在位:996年 – 1002年)は彼の友人であるプラハのアダルベルトに捧げてこの聖堂を建てましたが、使徒の遺物が到着すると、聖堂は再献堂されました。
1113年に教皇パスカリス2世(在位:1099年 – 1118年)によって改修され、1180年にも改修されました。
教会は1557年に洪水によりひどく被害を受け、1624年に現在のバロック様式ファサードでオラツィオ・トリアーニ(Orazio Torriani)の設計に合わせて再建されました。1852年にさらに修復が行われました。
教会の内部には14の古代ローマの柱と2つのライオンの支柱が保存されています。その日付は、大聖堂の最古の再建からです。
聖堂は1993年にサンテジディオのコミュニティ(Comunità di Sant’Egidio)に委ねられました。
2000年、サン・バルトメオ教会は教皇ヨハネ・パウロ2世(在位:1978年 – 2005年)によって20世紀と21世紀の新しい殉教者の記憶に捧げられました。
ファサードwikipedia-photo、内部・wikipedia-photo、カウンターファサードに向かって内部・wikipedia-photo、中央身廊の天井・wikipedia-photo、聖バーソロミューの遺物・wikipedia-photo、鐘楼・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、サン・バルトメオ教会の画像またはその他のファイルが含まれています。]

Basilica di San Bartolomeo all’Isola – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がサン・バルトメオ教会です。

サン・バルトメオ教会身廊のカメラです。

サン・バルトメオ教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*