サン・フランチェスコ・ア・リーパ

マーカーはサン・フランチェスコ・ア・リーパです。

サン・フランチェスコ・ア・リーパ
[古くはここに巡礼者の宿泊所があり,1229年にアッシジのフランチェスコがローマを訪れて,以来,フランシスコ会の修道士たちの集う場所となり,1231年に聖ブラシウス(サン・ビアージョ)を記念する教会になった。13世紀末にはピエトロ・カヴァリーニが「聖フランチェスコの生涯」のフレスコ画を描き,アッシジの聖フランチェスコ聖堂上部教会のジョット・ディ・ボンドーネ作の同主題のフレスコ画のモデルとなったと考えられている。  (「3度目のローマ旅行 – その4 トラステヴェレ」より)]

[教会内部・wikipedia-photo、ジャンロレンツォベルニーニの彫像・wikipedia-photo]

カメラ東南東方向がサン・フランチェスコ・ア・リーパです。

サン・フランチェスコ・ア・リーパ翼廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*