サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂

マーカーはサン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂です。

サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂
[サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂(Basilica di San Lorenzo fuori le Mura)はローマにあるカトリック教会大聖堂。ローマの五大バジリカ(他の四つはサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂サン・ピエトロ大聖堂サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂)の一つ。名称は「城壁外の聖ラウレンティウス大聖堂」を意味する。3世紀に殉教した聖ラウレンティウス(ロレンツォ)の墓の上に建設され、彼を記念する教会である。聖ラウレンティウスは助祭であった人物であり、258年にローマで殉教した七人の殉教者のうちの一人である。
この聖堂はコンスタンティヌス帝(在位:306年 – 337年)がラウレンティウスが殉教したとされる場所に彼の墓をつくり、競技場型バシリカをつくったのが始まりであるとされている。 その後、580年代に教皇ペラギウス2世(在位:579年 – 590年)によって大増築された。13世紀に教皇ホノリウス2世(在位:1124年 – 1130年)は古い聖堂の前に新たな聖堂をつくった。聖堂は聖人の生涯を描いたフレスコ画で飾られた。その後都市計画の一環として両聖堂を一つにする工事が行われた。この聖堂の地下の発掘作業によって多くの墓が発見されている。
サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂は1374年から1847年までエルサレム総大司教の名義聖堂であった。1943年には連合軍の爆撃によって破壊され、1948年まで修復作業が行われた。この作業で19世紀に付け加えられた装飾は除去されたが、ファサードに描かれていたフレスコ画は修復できなかった。
19世紀のピウス9世(在位:1846年 – 1878年)やEUの父と呼ばれるイタリア首相アルチデ・デ・ガスパリもここに葬られている。
「サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」・wikipedia-photo  (wikipedia・サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂より)]

Wikimedia Commons contiene immagini o altri file sulla basilica di San Lorenzo fuori le mura

サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がサン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂です。

サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂ロッジアカメラです。

サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂拝廊のカメラです。

サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂身廊のカメラです。

サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂祭壇前のカメラです。

サン・ロレンツォ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂回廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*