ジェズ教会

マーカーはジェズ教会です。

ジェズ教会
[ジェズ教会(イタリア語: Chiesa del Gesu )は、かつてイエズス会の本拠地(母教会)だった教会である。そのファサードは「世界初の真のバロック様式のファサード」と言われている。世界中のイエズス会の教会はこの教会をモデルとしており、アメリカ州の教会にその傾向が強い。
1551年、イエズス会を創立した聖イグナチオ・デ・ロヨラが構想した。彼は宗教改革とその後の対抗宗教改革の時代に活躍した人物で、ジェズ教会はイエズス会総長の住まいとしても使われたが、1773年にイエズス会の活動禁止令が出されたため、イエズス会はジェズ教会が使えなくなった。後にイエズス会はこれを取り戻して隣接するパラッツォも入手し、イエズス会士の聖職を目指す優秀な学生を世界中から集めてそこに住まわせ、グレゴリアン大学に通わせている。
歴史
ミケランジェロが無償で設計することを申し出たが、イエズス会創立を認可したパウルス3世の孫アレッサンドロ・ファルネーゼが設計に出資した。最終的に実際の建設を指揮した建築家はジャコモ・バロッツィ・ダ・ヴィニョーラジャコモ・デッラ・ポルタで、ファサードについては当初ヴィニョーラの三層構造の均整のとれた設計だったが、後にデッラ・ポルタの強い垂直要素と結びついた動的に溶け合った緊張感のある設計に変更された。ヴィニョーラの採用されなかった設計は1573年に版画になっており、後世の建築家も見ることが出来た。
1568年にヴィニョーラの設計に基づいて着工し、1580年に完成した。この数々の革新的要素のある設計が20世紀まで続くイエズス会の教会の手本となった。ジェズ教会はトリエント公会議で公式化された新たな要求に基づいて設計された。まず拝廊がなくなった。訪問者が教会に入ると通路を挟まずに本堂に出る。このため、会衆が集まったとき注意が祭壇に集中するようになっている。礼拝堂は本堂と側廊で繋がっているのではなく、アーチ状の開口部で繋がっている。それらの入口部分は装飾的な手摺で仕切ることができる。翼廊は短く、その端にある祭壇が強調されている。
ジェズ教会・wikipedia-photo、ジョヴァンニ・バッティスタ・ガウッリ作の天井画 ・wikipedia-photo、内装・wikipedia-photo、「短縮された翼廊が雄大な礼拝堂として機能する。聖イグナチウスの礼拝堂」・wikipedia-photo  (wikipedia・ジェズ教会より)]

ジェズ教会平面図

Wikimedia Commons contiene immagini o altri file sulla chiesa del Gesù – Google Map 画像リンク

ジェズ教会 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がジェズ教会です。

ジェズ教会拝廊のカメラで、天井にジョヴァン・バティスタ・ガウリ(Giovan Battista Gaulli)による『イエスの名の勝利』が描かれています。

ジェズ教会身廊のカメラです。

ジェズ教会祭壇前のカメラで、カメラ西方向にイグナチオ・デ・ロヨラに捧げられた祭壇があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*