チャンピーニ (Ciampini)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    チャンピーニ (Ciampini)
    [チャンピーニは1990年、アンジェロの息子であるジュセッペが店をオープンさせました。1958年フラッティーナ通りに「チャンピーニ」の名のブランドで店を出しましたが1981年健康上の理由で、息子たちと母であるシルヴァーナ、姉のマウラ、兄のアンドレアがその後を継ぎ、彼らの協力によって潰れる寸前であったバールをエレガントなカフェへと変化させました。広場がローマで洗練された場所として変わったのも、この家族と立派なカフェのおかげでもあります。ここで販売するバールジェラートジェラートは、今でも職人が手作業で垂直のスコップを使用する伝統的な方法で作られています。その見事な質の高さと製造技術、エレガントな食前酒、ナヴォーナ広場のアンジェロ アル トレ スカリーニによるオリジナル「タルトゥーフォ」と、ジェラートだけでなくチャンピーニはここ数年世界中の数多くのガイドブックや雑誌にて高く評価され、成功を収めています。ニューヨーク タイム紙からは「ローマで最高のカフェ」と賞賛されました。芸術家、政治家、文化人、ジャーナリスト、スポーツ選手、そして数多くのローマを訪れる観光客のお客様を魅了してきました。  (「チャンピーニ –サン ロレンツィオ イン ルチーナ広場 29番 Ciampin」より)]

    [1930年代、ナヴォーナ広場でチャンピーニ一族が創業したローマの老舗カフェテリア”Ciampini(チャンピーニ)”。開業以来、バール兼ジェラーテリアとしてローマ中心街の各地に店舗を構え、地元ローマっ子に愛されてきた。90年代に本店をサン・ロレンツォ・イン・ルチーナ広場に移し、ほど近い場所に2号店もオープン。朝から晩までツーリストや常連客でにぎわっている。コルソ通り、スペイン広場パンテオンなどの主要名所から徒歩数分で行ける便利な立地にあり、ショッピングや観光の途中で一息入れたいときにはもってこいのカフェテリアである。
    パニーノや軽食のランチメニューもあり、時間がない時のランチスポットとしても活用できる。早朝から晩までノンストップでオープンしているが、出勤前の朝食時間やランチタイムには常連客でごったがえすので時間を考慮した方がいいだろう。
    夏には広場に面した本店のオープン席で開放感を味わいながらジェラートをいただくのがおすすめだが、疲れた足を休めてのんびりティータイムを過ごしたい人は、すぐ先にある「チャンピーニ2」へ行くといい。大理石のテーブルと革張りのソファが歴史を感じさせる室内で、ゆったりと優雅な午後のひとときを過ごせるはずだ。  (「私の住む町Travel案内 イタリア旅行情報サイト(JITRA)ローマ」より)]

    カメラ北東方向角がチャンピーニ (Ciampini)です。2号店はカメラ北方向西側の角地(レオンチーノ通り 25)にあります。

    (サン・ロレンツォ・イン・ルチーナ広場)チャンピーニ (Ciampini)のストリートビューです。

    カメラ南西方向がチャンピーニ (Ciampini)2号店です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *