トラヤヌスの記念柱

マーカーはトラヤヌスの記念柱です。

トラヤヌスの記念柱
[トラヤヌスの記念柱(イタリア語: Colonna Traiana)はローマにあるモニュメントの1つで、ローマ皇帝トラヤヌスダキア戦争での勝利を記念したものである。この柱は、元老院の依頼により、建築家ダマスカスのアポロドーロスの指揮で建設されたと言われている。位置はフォルム・ロマヌムの北、クイリナーレの丘付近に建設されたトラヤヌスのフォルムに所在する。113年に完成した独立した円柱で、ローマとダキアの間の戦争(101年 – 102年、105年 – 106年)を叙事詩的に描いたフリーズレリーフ)が円柱の表面に螺旋状に描かれていることでよく知られている。そのデザインは後の様々な記念柱で模倣されることになった。
柱の高さは約30メートルで、巨大な台座を加えると全高約38メートルにもなる。カッラーラ産の、1つ40トンの重量がある巨大なドラム形の大理石(直径3.7メートル)を20個積み重ねてできている。柱を螺旋状に23回まわっているフリーズは190メートルの長さがある。円柱の内部には185段の階段があり、頂上の展望台まで登ることができるようになっていた。柱頭ブロックは53.3トンもあり、地上から約34メートルの高さに置かれている。古い硬貨には、この柱の、当初予定されていた計画図が描かれており、タカと思われる鳥の彫像が円柱の頂上に描かれている。しかし実際には、トラヤヌス帝の彫像が代わりに置かれた。この彫像は中世期に失われた。1587年12月4日、シクストゥス5世の命により聖ペトロの像をこの記念柱の頂上に置くようになり、現在もその像が載っている。
トラヤヌスの記念柱・wikipedia-photo、「古代ローマのカロバリスタ。台車上にバリスタを設置したもの(レリーフの一部)」・wikipedia-photo、「台座部分の図。上の断面に内部の階段が見える。」・wikipedia-photo、「台座の内部への入口の上に銘板がある。」・wikipedia-photo、1896年ごろのトラヤヌスの記念柱の写真・wikipedia-photo、ローマ軍とダキア軍の激しい戦闘シーン・wikipedia-photo、トラヤヌスの記念柱のレリーフを石膏模型で目の高さで見られるようにしたもの(ローマ文明博物館)・wikipedia-photo  (wikipedia・トラヤヌスの記念柱より)]


[皇帝たちのフォルム内での位置 淡黄:トラヤヌスのフォルム, 橙色:バジリカ・ウルピア, 淡橙色:トラヤヌスの市場,左端中央の赤丸がトラヤヌスの記念柱]


[4世紀頃の皇帝たちのフォルム・中心から右方向にトラヤヌスの記念柱があります。上平面図と逆方向からの描写。]

カメラ南方向がトラヤヌスの記念柱です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*