トリニタ・デイ・モンティ教会

マーカーはトリニタ・デイ・モンティ教会です。

トリニタ・デイ・モンティ教会(Trinità dei Monti)
[サンティッシマ・トリニタ・デイ・モンティ教会は、単にトリニタ・デイ・モンティ(フランス語: La Trinité-des-Monts)と呼ばれることが多く、スペイン広場から、トリニタ・デイ・モンティ教会へと続くトリニタ・デイ・モンティ階段、通称「スペイン階段」が接する、ローマカトリックの後期ルネサンス建築の礼拝堂です。
教会とその周辺地域(ヴィラメディチを含む)は、フランス王国ヴァロワ朝によって建設されています。
1502年、フランス王ルイ12世(在位:1498年 – 1515年)は、ナポリへの侵攻を祝うために、パオラのフランチェスコ(Francesco da Paola)の修道院に接続して、トリニタ・デイ・モンティ教会の建設を始め、1585年に大都市主義者であるローマ教皇シクストゥス5世(在位:1585年 – 1590年)によって献堂されました。
教会の前には、1789年に移設した、ローマのオベリスクの1つであるObelisco Sallustianoが立っています。
スペイン広場の教会とスペイン階段・wikipedia-photo、教会のファサード・wikipedia-photo、「ナポレオン時代の教会。FrançoisMarius Granet、LaTrinité-des-Monts et la VillaMédicis、ローマ(1808)。」・wikipedia-photo、身廊・wikipedia-photo、祭壇・wikipedia-photoWilhelm Achtermann作キリストの十字架降架・wikipedia-photo、Daniele da Volterra作キリストの十字架降架・wikipedia-photo、ドーム内のフレスコ画・wikipedia-photo、聖母マリア(「Admirabilis」と呼ばれるフレスコ画)・wikipedia-photo]

カメラ位置はスペイン広場で、カメラ東北東方向がスペイン階段、オベリスク、トリニタ・デイ・モンティ教会です。

カメラ東北東方向がオベリスクとトリニタ・デイ・モンティ教会です。

トリニタ・デイ・モンティ教会身廊のカメラです。

Wilhelm Achtermann作キリストの十字架降架前のカメラです。

聖母マリア(「Admirabilis」と呼ばれるフレスコ画)前のカメラです。