ヌオーヴァ教会

マーカーはヌオーヴァ教会です。

ヌオーヴァ教会(Santa Maria in Vallicella)
[ヴァリチェッラのサンタマリア教会は、新しい教会とも呼ばれ、イタリアローマにある教会です。現在のコルソ・ヴィットリオ・エマヌエーレ(Corso Vittorio Emanuele)の主要な大通りとヌエヴァ通り(Via della Chiesa Nuova)の角に面しています。これは、対抗宗教改革がイエス協会などの多くの新しい宗教組織の出現を見た16世紀、1561年に聖フィリッポ・ネリによって設立された、世俗司祭の宗教的集会であるオラトリア人の主要な教会です。 (聖アウグスチノ修道会
聖グレゴリウス1世(在位:590年 – 604年)がその場所に最初の教会を建てました。 12世紀まで、それはヴァリチェッラのサンタマリア(Santa Maria in Vallicella・「小さな谷の聖母」)に捧げられました。
1575年、教皇グレゴリウス13世(在位:1572年 – 1585年)はネリのグループを宗教会衆として認め、教会とその小さな付属修道院を彼らに与えました。
聖フィリッポ・ネリは、ピエル・ドナト・チェシ(Pier Donato Cesi)枢機卿と教皇グレゴリウス13世によって助けられ、1575年から教会を再建しました。ピエル・ドナトが亡くなったとき、トーディ司教(Bishop of Todi)である彼の兄弟アンジェロ・セシ(Angelo Cesi)はフィリッポ・ネリの後援を続けました。当初、建築家はマッテオ・ディ・チッタ・ディ・カステッロ(Matteo di Città di Castello)でしたが、後にマルティノ・ロンギ・ザ・エルダー(Martino Longhi the Elder)に変更されました。身廊は1577年に完成し、教会は1599年に奉献されました。ファウスト・ルゲージ(Fausto Rughesi)によって設計されたファサードは、1605年または1606年に完成しました。チェシの紋章は教会に残っています。
ヌオーヴァ教会平面図

復元後のヌオーヴァ教会ファザード(2002)・wikipedia-photo、身廊・wikipedia-photo]

ヌオーヴァ教会 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がヌオーヴァ教会です。

ヌオーヴァ教会身廊のカメラです。

ヌオーヴァ教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*