ノメンターナ門跡

マーカーはノメンターナ門跡です。

ノメンターナ門跡
[ノメンターナ門(Porta Nomentana) – 古いノメンターナ街道の起点  (wikipedia・アウレリアヌス城壁より)]

[ノメンターナ門(Porta Nomentana)は、ローマイタリアアウレリアヌス城壁内のゲートの一つでした。ノメンターナ門は、ピア門の70メートル南南東方向、ヴィアーレデルポリクリーニコ(viale del Policlinico)沿いに位置しています。今はブロックされ、英国大使館のための単なる境界壁となっています。
ノメンターナ門は皇帝アウレリアヌス(在位270年 – 275年)によって270年と273年の間に単一のアーチ門として建てられました。
アウレリアヌス城壁図(地図右上「灰色十字格子」の左上がノメンターナ門です。)

ノメンターナ門の遺跡・wikipedia-photo]

ノメンターナ街道
[ノメンターナ街道(Via Nomentana)はイタリアの古代ローマ街道の1つで、ローマから北東のNomentum(現在のメンターナ)まで、23km(14マイル)の道のりである。もともとは Via Ficulnensis という名で、ローマから古いラテン人の村 Ficulnea までの13km(8マイル)の道だった。それが Nomentum まで延長されたのだが重要な街道にはならず、Nomentumから数km進んだところでサラリア街道と合流している。今ではメンターナまでは舗装された道路で置き換えられているが、かつてのローマ街道の舗装が何箇所かで残っている。
もともとはセルウィウス城壁の現存しないコッリーナ門を起点としていたが、3世紀の皇帝アルレリアヌスがアウレリアヌス城壁を作り、ノメンターナ門を起点とするようになった。教皇ピウス4世(在位:1559年 – 1565年)はノメンターナ街道の起点を移すことを決め、そのために新たにピア門が建設された。  (wikipedia・ノメンターナ街道より)]

カメラ西方向がノメンターナ門跡です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*