バチカン市国(システィーナ礼拝堂)

マーカーはシスティーナ礼拝堂です。

バチカン市国
[バチカンの地は古代以来ローマの郊外にあって人の住む地域ではなかったが、キリスト教以前から一種の聖なる地だったと考えられている。326年にコンスタンティヌス1世によって使徒ペトロの墓所とされたこの地に最初の教会堂が建てられた。やがてこの地に住んだローマ司教が教皇として全カトリック教会に対して強い影響力をおよぼすようになると、バチカンはカトリック教会の本拠地として発展し、755年から19世紀まで存在した教皇領の拡大にともなって栄えるようになった。1860年にイタリア王国が成立すると教皇領は接収されたため、ローマ教皇庁とイタリア王国政府が関係を断絶し、教皇は「バチカンの囚人」と称してバチカンに引きこもった。このような不健全な関係を修復すべくイタリア政府とバチカンの間で折衝が続けられたが、1929年2月11日になってようやくピウス11世_(ローマ教皇)の全権代理ガスパッリ枢機卿とベニート・ムッソリーニ首相との間で合意が成立し、3つのラテラノ条約が締結された。条約は教皇庁が教皇領の権利を放棄するかわりに、バチカンを独立国家とし、イタリアにおけるカトリック教会の特別な地位を保証するものであった。この措置はイタリア国民にも広く支持され、「教皇との和解」を実現したムッソリーニの独裁体制はより強固なものとなった。1984年になると再び政教条約が締結され、イタリアにおけるカトリック教会の特別な地位などのいくつかの点が信教の自由を考慮して修正された。
教皇の衛兵としてスイス人衛兵が常駐している(2007年現在110人)。1505年1月22日にユリウス2世_(ローマ教皇)により創設され、1527年、ローマがカール5世_(神聖ローマ皇帝)神聖ローマ皇帝軍に侵攻された際(ローマ略奪)、身を犠牲にしてクレメンス7世_(ローマ教皇)の避難を助けた。現在はスイス国内でカトリック教会からの推薦を受けたカトリック信徒の男子が選ばれている。
『イタリア・ローマ市の「和解の道」からバチカン中心部を望む。』・wikipedia-photo、スイス人衛兵・wikipedia-photo  (wikipedia・バチカン市国より)]

システィーナ礼拝堂
[システィーナ礼拝堂(システィーナれいはいどう、伊: Cappella Sistina)は、ローマ教皇の公邸であるバチカン宮殿にある礼拝堂サン・ピエトロ大聖堂北隣に位置するその建物とともに、ミケランジェロボッティチェッリペルジーノピントゥリッキオら、盛期ルネサンスを代表する芸術家たちが内装に描いた数々の装飾絵画作品で世界的に有名な礼拝堂である。とくにローマ教皇ユリウス2世の注文でミケランジェロが1508年から1512年にかけて描いたシスティーナ礼拝堂天井画と、ローマ教皇クレメンス7世が注文し、ローマ教皇パウルス3世が完成を命じた、1535年から1541年にかけて描いた『最後の審判』はミケランジェロの絵画作品の頂点とされている。
もともとバチカン宮殿に存在していた古い礼拝堂を1477年から1480年にかけてローマ教皇シクストゥス4世が建て直させた建物で、その教皇名(伊: Sisto IV)にちなんでシスティーナ礼拝堂と名付けられた。この建て直し時には、ペルジーノ、ボッティチェッリ、ドメニコ・ギルランダイオらの芸術家たちが、一連の内装フレスコ壁画を手がけている。壁画に描かれているのは『旧約聖書』からの「モーセの生涯の物語」ならびに『新約聖書』からの「キリストの生涯の物語」と、歴代のローマ教皇の肖像画で、これらは1482年から1483年8月にかけて描かれた作品となっている。落成したシスティーナ礼拝堂で最初のミサを執り行ったのはシクストゥス4世だった。このミサは聖母被昇天に捧げられたもので、システィーナ礼拝堂を聖母マリアに奉献することを表明する式典でもあった。
シクストゥス4世以降、システィーナ礼拝堂は宗教的施設とローマ教皇執務室という二つの役割を果たしてきた。現在ではローマ教皇を選出する会議であるコンクラーヴェの会場としても使用されている。
システィーナ礼拝堂外観・wikipedia-photo、システィーナ礼拝堂内部・wikipedia-photo、システィーナ礼拝堂内部の東壁面と北壁面・wikipedia-photo、「三層に別れたシスティーナ礼拝堂の内部壁面。下から、金銀の布を描いたフレスコ画、キリストの生涯を描いたフレスコ画、歴代ローマ教皇の肖像とキリストの祖先たち。」・wikipedia-photo、「ミケランジェロが描いたシスティーナ礼拝堂天井画『アダムの創造』。神が人間を創造し、命を与えるエピソードの象徴となっている、システィーナ礼拝堂のフレスコ画の中でも世界的にもっとも有名な作品である。」・wikipedia-photo、システィーナ礼拝堂主祭壇の『最後の審判』・wikipedia-photo、ボッティチェッリとその工房が描いた『モーセの試練』・wikipedia-photo  (wikipedia・システィーナ礼拝堂より)]

[1階の「システィーナ礼拝堂」へ続くルートは以下のとおり。

ルート1
(青色) 「聖ピウス5世のギャラリー」→階段を下ります
ルート2
(ピンク色) 「聖ピウス5世のギャラリー」→「ラファエロの間(Stanza di Raffaello)」→階段を下ります
ルート3
(オレンジ色) 「聖ピウス5世のギャラリー」→「ラファエロの間」→階段を下ります→「現代宗教美術コレクション(Collezione d’Arete Religiosa Moderna)」→道なりに進みます
要所要所で「Cappella Sistina(システィーナ礼拝堂)」の道案内が出ていますので道順に従って進みましょう。ルート2や3を希望する方は誤ってルート1を辿ってしまわないように注意が必要です。人波が少なければ逆流することも可能だとは思いますが、原則は、一方通行だと思っておいた方が良いです。万一、誤ってスキップしてしまった場合は、システィーナ礼拝堂から美術館の出口方向に進み(美術館の入場口側に戻ることになります)、はじめからルートを辿ることで見学できます。
システィーナ礼拝堂を見学した後の出口は?
「最後の審判」(祭壇側)を背後にして、礼拝堂奥の左手のドアに進むと引き続き美術館の鑑賞ができます(美術館の入口/出口へもこちらから行けます)。一方、右手に進むと「サン・ピエトロ大聖堂」方面に出ますが、こちらのドアから外に出てしまうと美術館へ引き返すことができませんのでご注意ください。  (「システィーナ礼拝堂(天井画&壁画)の入場方法・見学ポイントは …」より)]

[バチカン博物館でシスティーナ礼拝堂を見学した後、ミケランジェロの「最後の審判」を背にして右側の扉から聖堂方面に出られることがあります。この場合、博物館入口ですでにセキュリティチェックを済ませているので、広場に戻ってチェックを受ける必要はありません。写真の上部に見える扉から出てくることになります。


※クーポラとはサン・ピエトロ大聖堂ドームへの上り口で、グロッタとは地下聖堂のことです。

その際に注意したいのは、聖堂を博物館の延長の空間のように考えてしまいがちなこと。システィーナ礼拝堂同様、サンピエトロ大聖堂は神聖な祈りの場所であり、博物館ではないことを忘れないようにしましょう。
また、博物館入口で荷物を預けた場合、この出口から出てしまうと、ここから博物館に再入場をして荷物を取りに行くことはできません。再び博物館入口まで外から戻ることになりますので、ご注意ください。  (「2/2 サンピエトロ大聖堂見学の注意点 [ローマ] All About」より)]

システィーナ礼拝堂の天井画をすべて掲載! ミケランジェロ入魂の名画の全貌」、「システィーナ礼拝堂の側壁画の鑑賞 | KuniGs Documenti e …

Sistine Chapel – Google Map 画像リンク

システィーナ礼拝堂南側ポルチコのカメラです。

システィーナ礼拝堂南側ポルチコ屋上廊下のカメラで、カメラ西南西方向ドアがサンピエトロ大聖堂への出口です。

システィーナ礼拝堂内のカメラです。

システィーナ礼拝堂内の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*