パラティーノ皇帝宮殿跡(ドムス・ティベリアナ)

マーカーはドムス・ティベリアナです。

パラティーノ皇帝宮殿跡トップページ

ドムス・ティベリアナ(Domus Tiberiana)
[ドムス・ティベリアナは、丘の西側にあるティベリウス皇帝(在位:紀元14年 – 37年)によって、マグナマーテル寺院(Tempio della Magna Mater)とフォロ・ロマーノの斜面の間の広いエリアに建てられた、パラティーノで最初の本物の皇居でした。その上に16世紀のファルネシアンガーデンが広がっており、現在までに境界の周辺地域でしか発掘されていません。19世紀半ばに歴史研究者によって興味を持たれた中央核は、根本的にまだ調査されていません。
恐らくティベリウスは彼の出生地である丘の上にある場所を皇居として選んだのでしょう。宮殿への最初の段階は、現在のファルネジアーニ庭園の中央部分に設置されていましたが、カリグラ(在位:37年 – 41年)はフォーラムに向かって拡大し、ドミティアヌス(在位:81年 – 96年)はそれを復元しました。この復元では、フォーラムへの記念碑的な入り口が作成されました。そこには、プレトリアンの警備員(Guardia pretoriana)も配置されていました。 ここで、サンタ・マリア・アンティクァ教会を立ち上げました。
中央部分のうち、部屋に囲まれた大きなペリスタイルだけが知られており、そこから廊下が分かれていて、おそらくマグナマーテル寺院の近くに掘られた部屋で終わっています。
勝利の丘・wikipedia-photo]

ドムス・ティベリアナ – Google Map 画像リンク」「Uccelliere Farnesiane – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向通路右がドムス・ティベリアナになります。