パラティーノ皇帝宮殿跡(ホレア・アグリッピアーナ(穀物倉庫))

マーカーはホレア・アグリッピアーナ(穀物倉庫)です。

パラティーノ皇帝宮殿跡トップページ

ホレア・アグリッピアーナ(Horrea Agrippiana・穀物倉庫)
[ホレア・アグリッピアーナ(穀物倉庫)は、フォロ・ロマーノの近くにある大きな建物です。
ホレア・アグリッピアーナ(穀物倉庫)の西側の通り、ヴィカス・タスカス(Vicus Tuscus)はローマ市内の古代の通りで、フォロ・ロマーノから南西に延び、バシリカ・ユリアカストルとポルックス神殿の間にあり、ヴェラブルム(Velabrum)とパラティーノの丘の西側を経由してフォーラムボリウム(ポルトゥヌス神殿ヘラクレス・ウィクトール神殿)とチルコ・マッシモに向かっていた。Vicus Tuscusの名前は、ローマへのエトルリア移民に由来すると考えられています。
サンタマリアアンティクア教会とドミティアヌス建築群に隣接する大きな建物は、アウグストゥス時代(ローマ帝国の初代皇帝・在位:紀元前27年 – 紀元14年)にマルクス・ウィプサニウス・アグリッパによって建てられ、穀物倉庫として機能しました。
碑文には、アグリッパ自身と彼に対する3人の商人の献身が記述されています。彫像の土台で現場で見つかった別の碑文は、ホレア・アグリッピアーナについて言及しています。
建物は大きな中庭の周りに連結されており、通りでは穀物倉庫はタヴェルナに囲まれていました。 この地域は実際、経済にとって最も熱狂的な地域の1つであり、あらゆる種類の商店や商業企業が豊富でした。
斜面にあるホレアアグリッピアーナ・wikipedia-photo]

Horrea Agrippiana – Google Map 画像リンク」「Vicus Tuscus – Roman Forums – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がホレア・アグリッピアーナ(穀物倉庫)です。