フォカスの記念柱

マーカーはフォカスの記念柱です。

フォカスの記念柱
[フォカスの記念柱 は、西暦601年8月1日、東ローマ帝国皇帝フォカスを称えて、ローマ中心部、フォロ・ロマーノロストラ(演説台)の前に建立され、フォカスに献納または再献納された石柱(コロンナ)である。この記念柱は、古代にあって、フォロ・ロマーノに加えられた最後の建造物である。
フォカスの記念柱(背景に見えるのは、高さ 23m のセプティミウス・セウェルスの凱旋門)・wikipedia-photo、「往古の姿を残し、聳えるフォカスの記念柱(背後はユリアのバシリカ跡)」・wikipedia-photo

フォロ・ロマーノ中心部の平面図

1
2
3
4
5
6
7
8
9
A
B
C
D
E
F
G
H
J
K
L
M
N
P
Q
Via Sacra
Via Sacra
パラティーノ

1:タブラリウム, 2:コンコルディア神殿, 3:ウェスパシアヌスとティトゥス神殿, 4:サートゥルヌス神殿, 5:セプティミウス・セウェルスの凱旋門, 6:ロストラ, 7:帝都ローマ基準点, 8:黄金の里程標, 9:ティベリウスの凱旋門, A:クリア・ユリア, B:コミティウム, C:ラピス・ニゲル, D:フォカスの記念柱, E:フォルム(広場), F:バシリカ・ユリア, G:バシリカ・アエミリア, H:カストルとポルックス神殿, J:カエサル神殿, K:アウグストゥスの凱旋門, L:アントニヌス・ピウスとファウスティナ神殿, M:レギア, N:ウェスタ神殿, P:ウェヌス・クロアキナ祠, Q:ヤヌス神殿

  (wikipedia・フォカスの記念柱より)]

フォカスの記念柱 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がフォカスの記念柱です。

カメラ北東方向がフォカスの記念柱です。

カメラ初期設定方向がフォカスの記念柱です。