プティ・パレ

マーカーはプティ・パレです。

プティ・パレ(英語:Petit Palais、フランス語:Petit Palais)
[プティ・パレはフランスパリにある美術館の建物であり、1900年のパリ万博万国博覧会のために建てられたものである。現在、パリ市立プティ・パレ美術館として開館しており、プティ・パレはこの美術館のことを指す場合もある。グラン・パレアレクサンドル3世橋と同時期に建てられた。
1900年パリ万博プティ・パレ開館時の様子・wikipedia/photo、ファサード・wikipedia-photo、ドーム屋根とファサード・wikipedia-photo  (wikipedia・プティ・パレより)]

プティ・パレ – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がプティ・パレです。

プティ・パレエントランスホールのカメラです。

プティ・パレ中庭のカメラです。

ピーテル・ブリューゲル (子)作『結婚式の行列(Le cortËge de noce)』(1623年)

レンブラント・ファン・レイン作『東洋の衣装を着た芸術家の肖像画(Portrait de l’artiste en costume oriental)』(1631年頃)

ヤン・ステーン作『小さな托鉢者(The Little Alms Collector)』(1663-1665頃)

ジャック=ルイ・ダヴィッド作『セネカの死(La morte di Seneca)』(1773年)

アンリ・フェリックス・エマニュエル・フィリッポトー(Henri Félix Emmanuel Philippoteaux)作『パリ市庁舎前のアルフォンス・ド・ラマルティーヌ(Lamartine devant l’hôtel de ville de Paris)』(19世紀)

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*