マッシモ宮(ローマ国立博物館)

マーカーはマッシモ宮(ローマ国立博物館)です。

マッシモ宮(ローマ国立博物館)
[ローマ国立博物館は、20世紀末まではこの浴場跡を主たる展示館としてきたが、建物の老朽化や博物館施設としての不備が指摘されていた。このため、彫刻、壁画などの主要な陳列品は、近接するマッシモ宮 (Palazzo Massimo) と市内ナヴォーナ広場近くのアルテンプス宮 (Palazzo Altemps) に移され、そちらで公開されている。マッシモ宮には、アウグストゥス帝の妃リウィアの別荘の壁画であった『リヴィア家のフレスコ』や、紀元前1世紀の『ファルネジーナ荘の壁画』などが収蔵されている。  (wikipedia・ローマ国立博物館より)]

ローマ国立博物館ホームページ」 – 「マッシモ宮

ローマ国立博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がマッシモ宮(ローマ国立博物館)です。

カメラ南東方向がマッシモ宮(ローマ国立博物館)入口です。

マッシモ宮(ローマ国立博物館)中庭のカメラです。

マッシモ宮(ローマ国立博物館)・リヴィア家のフレスコ画(Villa di Livia ad Gallinas Albas)のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*