マメルティヌスの牢獄

マーカーはマメルティヌスの牢獄です。

マメルティヌスの牢獄(英語:Mamertine Prison、イタリア語: Carcere Mamertino)
[マメルティヌスの牢獄またはトゥッリアヌム(ラテン語: Tullianum)は、古代ローマフォロ・ロマーノにあった牢獄である。カピトリヌスの丘の北東斜面にあり、元老院議事堂(クリア)や歴代皇帝のフォルムに面している。この牢獄とタブラリウム(公文書館)の間にはカピトリヌスの丘に登っていくゲモニアエの階段があった。
この牢獄の名称の由来は定かではない。トゥッリアヌムという呼称は王政ローマの王トゥッルス・ホスティリウスセルウィウス・トゥッリウスに由来するという説がある。後者の説はティトゥス・リウィウスマルクス・テレンティウス・ウァロガイウス・サッルスティウス・クリスプスの文献に見られる。別の説として、「水の噴流」を意味する古いラテン語の tullius が由来で、そこにあった水槽を指しているという説もある。マメルティヌスという名称は中世になってからのもので、近くにあったマールスの神殿を指しているという説と聖ペトロの伝説に由来するという説がある。聖ペトロは殉教前にこの牢獄に収監されていたという言い伝えがあり、看守だったマルティニアヌスとプロケッスス (en) をキリスト教に入信させたという。2人も後に殉教した。
この牢獄は紀元前640年から616年ごろ、アンクス・マルキウスが建設した。元々は地下2階の泉の水を溜めておく貯水槽として建設されたものだったが、その貯水槽とクロアカ・マキシマを結ぶ排水路が建設され、死体を押し流すのにそれを使うようになった。後に地下2階の部屋は、地下1階の部屋の床の穴から罪人を降ろして入れておく牢屋となった。
一般に重要な囚人だけがこの牢獄に収監された。例えば、ユグルタのようにローマと敵対して破れ、凱旋式の行進で引き回されたような人物である。その行進が行われるまでは牢獄に監禁され続け、その間に自然死しなければ行進後に窒息死させられる。ローマ法では、牢獄での監禁は刑のうちに入らなかった。紀元前63年ルキウス・セルギウス・カティリナの陰謀に加担した一味がこの牢獄に収監され、間もなく処刑された。ガリア人首長ウェルキンゲトリクスはここに5年間投獄され、紀元前46年に処刑された。
この場所がずっと牢獄として使われ続けていたのかは不明だが、中世期になるとキリスト教の礼拝に使われるようになった。現在上の階は S. Giuseppe dei Falegnami、下の階は S. Pietro in Carcere という教会になっている。下の礼拝堂にある祭壇の十字架は上下さかさまになっていて、聖ペトロの言い伝えに基づいた聖ペトロ十字になっている。
フォロロマーノの地図 (Wikimedia Commons)

1. Miliarium Aureum(Umbilicus Urbis Romae)(黄金の里程標(ローマの部屋))、2. T.Saturni(サートゥルヌス神殿)、3. Schola Xantha、4. T.D.Vespasiani(ウェスパシアヌスとティトゥス神殿)、5. コンコルディア神殿、6. Graecostasis、7. Arcas Tiberti、8. Locus Servilius、9. Lacus Curtius、10. Equus Domitiani(ドミティアヌスの騎馬像)、11. Rostra Vetera(ロストラ)、12. Rostra Nova(Julia)、13. Jani(ヤヌス神殿)、14. Janus Quadrifrons(ヤヌス門)、15. Chalcidicum、16. Atrium Minervae
初期画面中央右下のCarcerがマメルティヌスの牢獄です。
「ローマのマメルティヌスの牢獄にある祭壇。聖ペトロと聖パウロの拘置を記念したもの。」・wikipedia-photo、マメルティヌスの牢獄の現在の入口・wikipedia-photo  (wikipedia・マメルティヌスの牢獄より)]

マメルティヌスの牢獄 – Google Map 画像リンク

カメラ位置はローマ市庁舎北東角で、カメラ東方向がマメルティヌスの牢獄です。また、その右方向にセプティミウス・セウェルスの凱旋門があります。

カメラ西方向がマメルティヌスの牢獄です。