マルクス・アウレリウスの記念柱

マーカーはマルクス・アウレリウスの記念柱です。

マルクス・アウレリウスの記念柱
[マルクス・アウレリウスの記念柱(ラテン語: Columna Centenaria Divorum Marci et Faustinae、イタリア語: Colonna di Marco Aurelio)は、ドーリア式円柱に螺旋状のレリーフが施されたもので、トラヤヌスの記念柱にならって皇帝マルクス・アウレリウス・アントニヌスの栄誉を称えて建設されたものである。今もローマの元々の場所に建っており、首相官邸であるキージ宮殿の前のコロンナ広場にある。
当初の奉納の碑文は破壊されたため、マルクス・アウレリウス帝の生前に建設されたのか(176年のマルコマンニ族クアディ族サルマタイ人への勝利以降)、あるいは180年の死後に建設されたのかも不明である。しかし、付近で発見された金石文には193年に完成したことが記されていた。当時のローマの地勢から見ると、この柱はカンプス・マルティウスの北の方に立っていて、その場所は広場の真ん中だった。この広場はハドリアヌス神殿(ファサードのみ現存)とマルクス・アウレリウス神殿(息子コンモドゥスが建設したが、現存しない。おそらくウェデキンド宮殿のある場所にあった)の間にあったか、あるいは後者の聖域(これも全く現存しない)の中にあった。この場所の近くで皇帝が火葬された。円柱本体の高さは29.60メートル(約100ローマンフィート)で、高さ10メートルの土台に載っており、元々はさらに3メートルの高さの基礎がその下にあった。したがって、記念柱の全高は41.95メートルだった。1589年に復元した際、3メートルの基礎部分は地面の下になった。円柱は27個か28個のカッラーラ大理石のブロックで構成され、それぞれ直径3.7メートルで内側は螺旋階段が掘られており、階段は全部で190段から200段ある。トラヤヌスの記念柱と同様、この階段はレリーフにある細いスリットから採光するようになっている。
1589年、教皇シクストゥス5世の命によってドメニコ・フォンターナが復元した際、当時の地面の高さのままで復元したため、高さ3メートルの基礎部分は地面の下に隠されることになった。またトラヤヌスの記念柱に聖ペトロ像を設置したのに続いて、1588年10月27日、こちらの記念柱の頂上には聖パウロ像を設置した(元々はマルクス・アウレリウスの像があったとされているが、当時既に失われていた)。この復元の際、フラミニア街道に面していた土台のレリーフ(ウィクトーリアと敵対した未開人が描かれていた)が削り取られ、次のような碑文が刻まれた。この碑文ではこの記念柱をアントニヌス・ピウスの記念柱と取り違えているが、現在ではその記念柱は失われたことがわかっている。

(シクストゥス5世、大祭司(またはローマ教皇)は、この螺旋柱を復元した。皇帝アントニヌスに捧げられ、ひどく破壊されていたものをもとの形に  1589年、教皇職4年目)

「コロンナ広場にあるマルクス・アウレリウスの記念柱」・wikipedia-photo、「記念柱のアップ。内部の階段の明かり取り用のスリットが4箇所に見えている。」・wikipedia-photo、復元について記した碑文・wikipedia-photo  (wikipedia・マルクス・アウレリウスの記念柱より)]

マルクス・アウレリウスの記念柱 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がコロンナ広場で広場中央がマルクス・アウレリウスの記念柱で、北側の建物がキジ宮(首相公邸)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*