ラティーナ門

マーカーはラティーナ門です。

ラティーナ門
[スティーナ門は、古代ローマアウレリアヌス城壁内の単一のアーチ型の門です。アウレリアヌス城壁は紀元271年から275年、ローマ皇帝アウレリアヌス(在位:270年 – 275年)とプロブス(在位:276年 – 282年)の治世の間にイタリアのローマに建設された都市の城壁である。  (wikipedia・アウレリアヌス城壁より)]

[ラティーナ門(Porta Latina)はローマアッピア街道の城門。ラティーナ街道とアウレリアヌスの城壁が交わるところに位置する。左右に半円形の二つの塔のある城門であり、設計はアウレリアヌスの城壁の初期のものである。
ラティーナ門・wikipedia-photo、「ジュゼッペ・VASIによる18世紀のエッチングのラティーナ門」・wikipedia-photo  (wikipedia・ラティーナ門より)]

アウレリアヌス城壁図(地図右下、◎印のカストレンセ円形闘技場(Amphitheatrum Castense)から左下三つ目にラティーナ門(Porta Latina)が描かれています。)

ラティーナ門 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がラティーナ門です。

カメラ東南東方向がラティーナ門で、カメラ西方向にサン・ジョヴァンニ教会があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*