ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂

マーカーはヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂です。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂

[Google アートプロジェクト] – 「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂

[アルターレ・デッラ・パトリア(伊Altare della Patria、国父の祭壇)は、イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世(サルデーニャ王国の最後の国王・在位:1849年 – 1861年、イタリア王国の初代国王・在位:1861年 – 1878年)の記念堂。ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂(Monumento Nazionale a Vittorio Emanuele II)、或いは短くヴィットーリオ(Vittorio)と呼ばれる場合もある。他に無名戦士の墓としての役割も兼ねており、祭壇が設置されている。建物は首都ローマの中心地に位置しており、ヴェネツィア広場カピトリーノの丘の間に建設され、1911年に完成した。
設計は建築家ジュゼッペ・サッコーニ(Giuseppe Sacconi)が担当したが、彼の案は建設当時から現在に至るまで賛否を分けている。
1885年、サヴォイア朝によるイタリア王国を成立させたヴィットーリオ・エマヌエーレ2世を王国の国父(della Patria)と見なし、その偉業を讃えるべくその息子であるウンベルト1世(在位:1878年 – 1900年)の治世に建設が開始された。新古典主義の建築家ジュゼッペ・サッコーニが設計を行い、彫刻などの装飾は象徴主義の彫刻家レオナルド・ビストルフィ(Leonardo Bistolfi)、アンジェロ・ザネッリ(Angelo Zanelli)らが担当した。
建設開始から16年後の1911年に落成式が行われ、1925年に完成した。ロンバルディア州ブレシア県ボッティチーノから切り出された大理石が使われ、パンテオンと同じコリント式の円柱、噴水、大きな階段が特徴的な構造になっている。建物上部にはクアドリガに乗る勝利の女神ヴィクトリア(Victoria)の彫像が二体配置され、建物正面には国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の騎馬像が設置されている。
全体で幅135メートル、高さ70メートル(クアドリガに乗るヴィクトリア像を含めれば81メートル)となり、総面積は17000平方メートルとなる。2007年、屋上に向かうエレベーターが設置され、屋上からはローマの市街地を一望できる。
「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂」正面・wikipedia-photo、「ライトアップされたヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂」・wikipedia-photo、中央にある無名戦士の墓・wikipedia-photo  (wikipedia・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂より)]

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂 – Google Map 画像リンク」、「ヴィットリオ エマヌエーレ2世騎馬像 – Google Map 画像リンク」、「パノラマ・エレベータ(屋上テラス) – Google Map 画像リンク」、「Terrazza delle Quadrighe – Google Map 画像リンク」、「Fountain of the Tyrrhenian – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂です。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂献花台前のカメラです。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂献花台前西端のカメラです。

コリント式の円柱前テラスのカメラです。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂エントランスホールのカメラです。

カメラ位置はヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念の屋上テラスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*