ヴィッラ・ファルネジーナ

マーカーはヴィッラ・ファルネジーナです。

ヴィッラ・ファルネジーナ
[ローマのヴィッラ・ファルネジーナはルネサンス様式の邸宅です。1500年代初めにシエナ出身の銀行家アゴスティーノ・チーギ(Agostino Chigi)が建築家バルダッサーレ・ペルッツィに依頼して建てられ、ラファエロセバスティアーノ・デル・ピオンボ、ジョバンニ・A・バッツィ(通称ソドマ)そして、ペルッツィによりフレスコ画が描かれました。その後、1500年代終わりにアレッサンドロ・ファルネジーナによって買い取られました。このことによりテベレ川の向こうにあるファルネーゼ宮と区別するためにこの邸宅はファルネジーナと呼ばれています。現在は、アカデミア・デイ・リンチェイの迎賓館として使用されています。  (「ヴィッラ・ファルネジーナ」より)]

ヴィラ・ファルネジーナ – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がヴィッラ・ファルネジーナ入口門です。

カメラ西北西方向がヴィッラ・ファルネジーナです。

「ガラテアの間」のカメラです。

「アモールとプシュケの間」のカメラです。

「帯状装飾(フリーズ)の間」のカメラです。

「遠近法の間」のカメラです。

「アレキサンダー大王とロクサーヌの結婚の間」のカメラです。

ヴィッラ・ファルネジーナ庭園のカメラです。