聖アナスタシア・アル・パラティーノ大聖堂

マーカーは聖アナスタシア・アル・パラティーノ大聖堂です。

聖アナスタシア・アル・パラティーノ大聖堂(Basilica di Sant’Anastasia al Palatino)
[サンタナスタシア聖堂はローマ中心部のカトリックの礼拝所であり、パラティーノの丘の斜面にあります。それは小聖堂の威厳を持っています。また、ローマのガーナ人コミュニティとシロ・マラバル・インディアン(Indiana di rito siro-malabarese)コミュニティの国立教会としても機能します。
4世紀の最初の数十年(325-326?)に建てられ、チルコ・マッシモパラティーノ皇帝宮殿跡の南西斜面への道路に沿って立ち上がったタベルナエと個人の建物)の外側の囲いに隣接してさまざまに層状化された既存のローマ建築の上に立っています。
大聖堂は、聖ヒエロニムス(347年頃 – 420年)-おそらくそこに住み、聖地から重要な遺物を持ってきた-と、偉大な聖レオ1世(在位:440年 – 461年)の伝説に関連しています。
教会は数回修復されました。教皇ダマスス1世(在位:366年 – 384年)、教皇ヒラルス(在位:461年 – 468年)、教皇ヨハネス7世(在位:705年 – 707年)、教皇レオ3世(在位:795年 – 816年)、教皇グレゴリウス4世(在位:827年 – 844年)。
現代の教会は、1636年にその修復を命じた教皇ウルバヌス8世(在位:1623年 – 1644年)の改修の建物を踏襲しています。19世紀には、教皇ピウス7世(在位:1800年-1823年)と教皇ピウス9世(在位:1846年 – 1878年)によってさらに修復が命じられました。
18世紀まで、四旬節の初日にあたる灰の水曜日「受難の主日」から聖週間がスタートする。その、行列の出発点であり、それはサンタ・サビーナ大聖堂で終わりました。
ファサード・wikipedia-photo、内部・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、聖アナスタシア・アル・パラティーノ大聖堂の画像またはその他のファイルが含まれています。]

Basilica di Santa Anastasia al Palatino – Google Map 画像リンク

聖アナスタシア・アル・パラティーノ大聖堂正面のカメラです。

拝廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*