聖ヒエロニムス・ディ・クロアチア教会

マーカーは聖ヒエロニムス・ディ・クロアチア教会です。

聖ヒエロニムス・ディ・クロアチア教会(Chiesa di San Girolamo dei Croati)
[リペッタの聖ヒエロニムス・ディ・クロアチア教会は、ローマのカトリック礼拝所であり、ローマのクロアチア人の国民教会でもあります。
リペッタの港に面したこの地域では、イリュリアとスキアヴォニアからトルコ人から逃れた難民のコミュニティが定住しました。教皇ニコラス5世(在位:1447年 – 1455年)は、1453年にサン・ジロラモ・デッリ・スキアヴォーニ(San Girolamo degli Schiavoni)会衆の設立を認め、ホスピス、病院、サンタ・マリーナ・デ・ポストゥラ(Santa Marina de Posterula)と呼ばれる11世紀の小さな教会がありました。
翌世紀、すでに教会を所有していた教皇シクストゥス5世(在位:1585年 – 1590年)は、1588 年から1589年の間に建築家マルティノ・ロンギ(Martino Longhi il vecchio)によって完全に再建され、鐘楼と豊かな家具を備えました。正面の大理石はセプチゾジウム(Septizonium)から再利用されました。
教皇シクストゥス5世はまた、スラブ系の聖職者で構成されることを明確に定めた章を制定しました。彼はまた、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂から聖ヒエロニムスの遺体を持ち帰りたかったが、彼の目的を実現しなかった。
19世紀には教皇ピウス9世(在位:1846年 – 1878年)によって大規模に修復されました。
もともとはリペッタ通り(via di Ripetta)に沿って位置し、同名の港の周りに栄えた都市の一画で、サン・ロッコ教会が側面にあります。1930年代のテヴェレ川の堤防構築後の港の解体と、アウグストゥス廟の周辺の配置とアラ・パキス・アウグスタエの建設に続いて、2つの教会が隔離され、現在、高架歩廊で接続されています。
「アラ・パキス・アウグスタエの側から見た教会」・wikipedia-photo、正面・wikipedia-photo
「ピラネージ、リペッタ港の景色の中の聖ヒエロニムス・ディ・クロアチア教会(18世紀半ば)」

ウィキメディアコモンズには、聖ヒエロニムス・ディ・クロアチア教会の画像やその他のファイルが含まれています。]

San Girolamo dei Croati – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が聖ヒエロニムス・ディ・クロアチア教会です。

カメラ東方向がサン・ロッコ教会との接続高架歩廊です。

聖ヒエロニムス・ディ・クロアチア教会拝廊のカメラです。

祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*