ウフィツィ美術館

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    ウフィツィ美術館

    [Google アートプロジェクト] – 「ウフィツィ美術館

    ウフィツィ美術館の必見作品リストと見取り図」へリンク

    [ウフィツィ美術館 (Galleria degli Uffizi) は、イタリアフィレンツェにあるイタリアルネサンス絵画で有名な美術館である。1591年より部分的に公開されており、近代式の美術館としてヨーロッパ最古のものの1つである。またイタリア国内の美術館としては収蔵品の質、量ともに最大のものである。1982年に世界遺産フィレンツェ歴史地区の一部として認定されている。メディチ家歴代の美術コレクションを収蔵する美術館であり、イタリアルネサンス絵画の宝庫である。展示物は2,500点にのぼり、古代ギリシア古代ローマ時代の彫刻から、ボッティチェッリレオナルド・ダ・ヴィンチミケランジェロラファエロらイタリアルネサンスの巨匠の絵画を中心に、それ以前のゴシック時代、以後のバロックロココなどの絵画が系統的に展示されている。
    初代トスカーナ大公国コジモ1世の治世下、ジョルジョ・ヴァザーリの設計で1560年に着工し、1580年に竣工したフィレンツェの行政機関の事務所がもとになっている。コジモ1世が当時あちこちに分かれていたフィレンツェの官庁をひとつの建物に収めさせたもので、建設時には周辺の一区画をすべて取り壊して建築が行われた。「ウフィツィ」の名はイタリア語の Ufficio (英語の offices (オフィス) にあたる語)に由来する。
    アルノ川に面した川沿いの砂地に建築されており、基底部分は世界最初のコンクリート工法とも言われている。なお、コジモ1世とヴァザーリはともに1574年に没しており、建物の完成はコジモ1世の跡を継いだフランチェスコ1世・デ・メディチと建築家ベルナルド・ブオンタレンティ(1536-1608)に引き継がれた。コジモ1世は住まいであったピッティ宮殿から、ヴェッキオ橋の2階部分を通り、毎日通う庁舎(現・ウフィツィ美術館)へ至る約1kmの通路(ヴァザーリの回廊)も造らせた。これもヴァザーリの設計で、1565年に半年足らずの工期で完成した。回廊の中には700点を超える絵画があり、中でも肖像画コレクションは有名であるが、ウフィツィ美術館本館とは別の扱いとなっており、見学にも別の予約が必要となる。
    ウフィツィ美術館 (奥はパラッツォ・ヴェッキオ)・wikipedia-photo、美術館内部・wikipedia-photo、ミケランジェロ 聖家族(トンド・ドーニ)・wikipedia-photo、「フィリッポ・リッピ 聖母子と二天使 1455-60」・wikipedia-photo、東方三博士の礼拝(1475年頃、サンドロ・ボッティチェッリ)・wikipedia-photoプリマヴェーラ(1477年-1478年頃、サンドロ・ボッティチェッリ)・wikipedia-photo、サン・マルコ祭壇画(1483年、サンドロ・ボッティチェッリ)・wikipedia-photoヴィーナスの誕生(1485年頃、サンドロ・ボッティチェッリ)・wikipedia-photoマニフィカトの聖母(1483-85年、サンドロ・ボッティチェッリ)・wikipedia-photoザクロの聖母(1487年、サンドロ・ボッティチェッリ)・wikipedia-photo、東方三賢王の礼拝(1504年、アルブレヒト・デューラー)・wikipedia-photo、東方三博士の礼拝(1423年、ジェンティーレ・ダ・ファブリアーノ)・wikipedia-photo、ウルビーノ公夫妻の肖像<対画肖像作品>(1472-74年頃、ピエロ・デラ・フランチェスカ)・wikipedia-photo、アダムとイブ(1528年ルーカス・クラナッハ)・wikipedia-photoウルビーノのヴィーナス(1538年、ティツィアーノ・ヴェチェッリオ)・wikipdia-photo、受胎告知(1475-80年レオナルド・ダ・ヴィンチ)・wikipedia-photo  (wikipdia・ウフィツィ美術館より)]

    入館料とチケット体系の変更-2018年3月より : ウフィツィ美術館・ピッティ宮殿」、「ウフィツィ美術館の予約と攻略方法!これだけは見逃せない作品も …

    Associazione Amici Degli Uffizi – Google Map 画像リンク」、「Statue of Dante Alighieri – Google Map 画像リンク

    カメラ位置はウフィツィ美術館の北端です。(カメラ位置-1)

    カメラ位置はウフィツィ美術館南端です。(カメラ位置-2)

    ウフィツィ美術館エントランスのストリートビューです。(カメラ位置-3)

    「ボッティチェリの部屋」の『ヴィーナスの誕生(1485年頃、サンドロ・ボッティチェッリ)』前のストリートビューです。(カメラ位置-4)

    「レオナルド・ダ・ヴィンチ」の部屋の『受胎告知(1475-80年レオナルド・ダ・ヴィンチ)』前のストリートビューです。(カメラ位置-5)

    「ミケランジェロ」の部屋の『聖家族』(1507年頃)』の前のストリートビューです。(カメラ位置-6)

    「ラファエロ」の部屋で「ローマ教皇『レオ10世の肖像』(1512年頃)」前ストリートビューです。(カメラ位置-7)