サンタ・トリニタ教会

マーカーはサンタ・トリニタ教会です。

サンタ・トリニタ教会
[サンタ・トリニタ教会は、フィレンツェの貴族によって1092年に設立された。現在の教会は、既存の11世紀の教会を、1258~1280年に再構築された。その後、複数回の復元がなされた。1593~1594年マニエリスムファサードは、ベルナルド・Buontalentiによって設計され改修された。サンタ・トリニタ教会内には、典型的15世紀の礼拝堂を2つみることができます:バルトリーニ・サリンベーニ礼拝堂(Cappella Bartolini Salimbeni)には、ロレンツォ・モナコ(Lorenzo Monaco)による聖母マリアの生涯(1420-25)のフレスコ画があり、サッセッティ礼拝堂は、ジュリアーノ・ダ・サンガッロ(Giuliano da Sangallo)により建築され、祭壇の後ろには、ドメニコ・ギルランダイオ(Domenico Ghirlandaio)作、聖フランチェスコの生涯のフレスコ画(1483-85年)があります。
「サンタ・トリニタ教会」・wikipdia-photo]

サンタ・トリニータ教会 – Google Map 画像リンク

カメラ位置はサンタ・トリニタ広場で、カメラ西方向がサンタ・トリニタ教会で、カメラ南方向がスピーニ・フェローニ宮(フェラガモ博物館)です。

サンタ・トリニタ教会拝廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*