サンタ・トリニタ橋

マーカーはサンタ・トリニタ橋です。

サンタ・トリニタ橋
[サンタ・トリニタ橋(Ponte Santa Trnita)は、イタリアフィレンツェアルノ川に架かるルネッサンスの橋です。橋は、エレガントな外観の3つの扁平な楕円構造で世界最古の楕円アーチ橋として有名です。格スパンは、両サイドの長さが32メートル(105フィート)で、中央スパンの長さは29メートル(95フィート)です。隣接する2つの橋は東にヴェッキオ橋(Ponte Vecchio)、そして西にカッライア橋(Ponte alla Carraia)です。橋は、ルネッサンス末期1567~1569年に、フィレンツェの建築家バルト・ロメオ・アマナーティによって計画され建設されたものです。1944年8月4日、ドイツ軍が退去作戦で破壊したこの橋は、1958年に、オリジナルの材料を使い、同じ形状で、昔のままの形に再建されました。
ヴェッキオ橋からの眺め・wikipedia-photo、「サンタ・トリニタ橋」・wikipedia-photo]

サンタ・トリニタ橋 – Google Map 画像リンク

サンタ・トリニタ橋上のカメラです。

カメラ西南西方向がサンタ・トリニタ橋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*