サンタ・マリア・ヌォーヴォ病院

マーカーはサンタ・マリア・ヌォーヴォ病院です。

サンタ・マリア・ヌォーヴォ病院(英語:Hospital of Santa Maria Nuova、イタリア語:Ospedale di Santa Maria Nuova)
[サンタ・マリア・ヌォーヴォ病院は、1288年ダンテが愛したベアトリーチェの父Folcoポーティナリが設立した、 フィレンツェの最古の病院です。病院は多くの豊富な遺産や寄付のおかげで何世紀も運営され、最も古く重要なフィレンツェの福祉施設の一つです。15世紀に、病院は、顕著な経済的繁栄を享受し1419年にマルティヌス5世 (ローマ教皇)の訪問を受け、1420年には医療センターの回廊のほか、主要な変換と、元の建物の拡大がなされました。
現在でもフィレンツェにとって根本的に重要な病院の機能は、多数の芸術作品や建築的および歴史的価値の高い場所の公開を制限しています、多くの場合、実務的および衛生管理の観点からアクセスできないか、またはアクセスに難渋しています。そのため、芸術作品の観賞対応の新たな認識により、2014年、入り口に新しい記念碑的な小さな美術館がオープンしました。この美術館は予約するだけで訪れることができます、しかし病院が所有している傑作のごく一部しか公開できていません。
Buontalentiの柱廊・wikipedia-photo、骨の回廊・wikipedia-photo、伝説のMonna Tessaの記念碑・wikipedia-photo、回廊のジョバンニデッラロッビアのlunettes・wikipedia-photo、玄関が完成する前の病院の古いファサードの絵(Fabio Borbottoni作、1820年~1902年)・wikipedia-photo]

サンタ・マリア・ヌォーヴォ病院ホームページ」-「Scopri il museo di Santa Maria Nuova
サンタ・マリア・ヌォーヴォ病院鳥瞰図(詳細リンクへは上記「Scopri il museo di Santa Maria Nuova」から)

Santa Maria Nuova Hospital – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がサンタ・マリア・ヌォーヴォ病院です。

サンタ・マリア・ヌォーヴォ病院中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*