サン・ニッコロ門

マーカーはサン・ニッコロ門です。

サン・ニッコロ門
[サン・ニッコロ門は、 1324年城壁半周の一部として建設され、アルノ河岸の要塞を対岸のゼッカ塔la torre della Zeccaとともに構成していた。 他の城門のようにその後低く改修されず、当時のままの高さを保っている。 建物の保存状態はよいが、狭間は第2次世界大戦後改修された。塔の内側は3階になっており、アーチ型の窓から、当時兵士の待機していた部屋が見える。1階にはアーチのすぐ下に、キリストを抱くマリアと聖人たちを描いたフレスコ画がある(14世紀)。 (「Firenze-Oltrarno.net: サン・ニッコロ門」より)]

サン・ニッコロ門 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がサン・ニッコロ門です。

カメラ東方向がサン・ニッコロ門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*