スペーコラ美術館

マーカーはスペーコラ美術館です。

スペーコラ美術館
[ラ・スペーコラ(La Specola)とは、フィレンツェに存在する美術館(博物館)であり、18世紀末に作られた多数の人体解剖蝋人形を所蔵している。人体解剖蝋人形のコレクションに関して有名であるが、各種動物の剥製や標本のコレクションも膨大であり、広義の動物学に関する資料館としての役割も大きい。この美術館は1790年、トスカーナ大公ペーター・レオポルト・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(後のレオポルト2世 (神聖ローマ皇帝))によって、自身の所有する美術館に所蔵される学術的資料を一括して所蔵、管理する博物館を設立する目的のために設立された。
入口・wikipedia-photo、ラ・スペーコラ美術館の内部・wikipedia-photo  (wikipedia・スペーコラ美術館より)]

スペーコラ美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がスペーコラ美術館です。

スペーコラ美術館内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*