チョンピ広場

マーカーはチョンピ広場です。

チョンピ広場
[この広場の名前の由来になっている「チョンピの乱」は、チョンピの乱(伊: Tumulto dei Ciompi)は1378年にイタリアのフィレンツェで起こった労働者の反乱である。フィレンツェ共和国アルティ(毛織物、銀行などの商工業組合)を基盤とし、公職者はアルテから選挙で選出していた。1378年、アルテに属さず参政権のない下層の労働者が経済的な困窮から不満を募らせ蜂起すると、アルビッツィ家を中心にした政策運営に不満を持つ一部の有力市民がこれと結んだ。ミケーレ・ディ・ランドという紡績工が「正義の旗手」(フィレンツェ共和国の政治最高指導者)に選ばれ、新たにチョンピなどのアルテを認めた。チョンピを支持し、反乱のきっかけを作ったのは新興商人であるメディチ家のサルヴェストロ・デ・メディチ(?-1388年)であった。やがて反対派が巻き返し、1382年には鎮圧され、サルヴェストロは国外追放、また多くの者が処刑された。フィレンツェの政治はアルビッツィ家が実権を握る。 (wikipedia・チョンピの乱より)]

[チョンピ広場周辺には、骨董品屋や家具の修復屋が軒を連ね、広場では毎月、最終日曜日に骨董市が開催される。最終日曜日以外でも、「チョンピ広場」内の数店舗は随時営業している。  (「チョンピ広場」より)]

[フィレンツェの蚤の市と言えば、チョンピ広場にある市場でしょう。毎日朝9時から夜7:30分まで出ています。毎月最終日曜には、通りの周りに露店が出ます。アンティーク家具、コイン、絵画、ポスター、アクセサリーなど。お手頃な値段の骨董品や古雑誌、古本もあります。 ごちゃごちゃと、乱雑に品物が置かれている露店もたくさんあり、街を散策しながら、ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。  (「フィレンツェのマーケット」より)]

ロッジャ・デル・ペシェ – Google Map 画像リンク」、「ロッジャ・デル・ペシェ – Google Map 画像リンク」

カメラ南南東方向がチョンピ広場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*