ダヴァンツァーティ宮(中世邸宅博物館)

マーカーはダヴァンツァーティ宮です。

ダヴァンツァーティ宮(中世邸宅博物館)
[ダヴァンツァーティ宮は、14世紀にウールのギルドの裕福なメンバーだったダヴァンツァーティ家によって建てられた。ダヴァンツァーティ家は1838年まで住み続け、モンテカルロダバンツァーティの自殺後売却された。1910年、ボルピ氏が私立博物館として、建物をオープンした。1951年に、イタリアの国が購入し、中世邸宅博物館としてオープン。1995年修復のため閉鎖され、2005年 博物館は部分的にに再開された。
宮殿のファサード・wikipedia-photo]

[1300年の中頃に建てられ、1578~1838年にはダヴァンザーティ家が所有していた建物。その後、1900年代初めにエリア・ヴォルピ氏が購入し、昔ながらのフィレンツェの家を再現する意図で内装を手がけました。時代や分類にこだわらない様々な絵画、家具、彫刻、日用品などが展示されています。  (「特集「小さな優良美術館、博物館」イタリア情報サイトペルバッコ 」より)]

ダヴァンツァーティ宮 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がダヴァンツァーティ宮です。

ダヴァンツァーティ宮ホールのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*