フィレンツェ国立中央図書館

マーカーはフィレンツェ国立中央図書館です。

フィレンツェ国立中央図書館
[フィレンツェ国立中央図書館(Biblioteca Nazionale Centrale di Firenze、略号:BNCF)は、イタリアフィレンツェにある国立図書館。ヨーロッパで最も重要な図書館のひとつであり、イタリア最大でもある。2007年時点では、所蔵資料数はおおよそで、出版物600万点、定期刊行物12万タイトル(うち現在も刊行中のものは1万5千タイトル)、写本2万5千点、インキュナブラ4千点、自筆原稿1千万点超。1714年、アントーニオ・マリアベーキの全蔵書が遺言により「フィレンツェ市の善き万人に」寄贈された。これらは約3万点に及ぶものだった。1747年、これらの蔵書が「マリアベキャーナ図書館」の名の下に初めて公開された。(wikipedia・フィレンツェ国立中央図書館より)]

フィレンツェ便り – 美術作品・絵画修復学校 パラッツオ・スピネッリ芸術修復 …

フィレンツェ国立中央図書館 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がフィレンツェ国立中央図書館です。

フィレンツェ国立中央図書館中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*