ホーン美術館

マーカーはホーン美術館です。

ホーン美術館(Museo Horne)
[ホーン美術館は、14世紀と15世紀の芸術と家具に焦点を当てた博物館で、イタリアトスカーナ地方フィレンツェにあるベンシ6番通りを経由して、元のコルシ宮殿にあります。
敷地内の建物は14世紀初頭から知られていました。 1489年に、大きな家のある敷地はアルベルティ(Alberti)家によってシモーネとルイージ・ディ・ヤコポ・コルシ(Simone and Luigi di Jacopo Corsi)に譲渡され、1495年から1502年にかけて再建されました。
1911年、建築家で美術史家のハーバート・パーシー・ホーン(Herbert Percy Horne)は、初期のルネサンスコレクションを収めるために、コルシ宮を買収しました。彼はコレクションと宮殿を博物館と財団にすることを規定し州に寄付しました。]

[ハーバート・ホーン(Herbert Horne)がイタリアの州に寄付したことで、財団と博物館の設立が可能になりました。財団と博物館は、英国の学者の豊かな芸術コレクションを保存、強化、公開することを目的としています。
1916年4月12日、ハーバートホーンは彼の遺言書を作成する際に、彼の遺贈を「彼の研究の利益のために」使用するように求め、彼の博物館を歴史と芸術の知識の場所として想像しました。
1921年、ホーンの友人で財団の最初のメンバーであったカルロ・ガンバ(Carlo Gamba)とジョバンニ・ポッジ(Giovanni Poggi)の作品のおかげで、博物館は一般公開されました。それ以来、教育機関は、主にコレクション、アーカイブ、ライブラリにアクセスできるようにすること、および研究会、会議、展示会、科学出版物を用いてコレクションを強化するための取り組みを推進することに尽力してきました。
2002年には、学校、家族、および成人を対象とした訪問の旅程と実験室活動を提案する教育サービスが設立され、プログラムは年齢層および公衆の種類によって区別されました。教師のためのトレーニングコースと出版物が組織されています。
2004年以降、研究、教育、展示会では、建物の地下室にある専用スペースを利用できます。  (「ホーン美術館ウエブサイト」より)]

[1400年代の建物を利用した美術館。美術品収集家であったHerbert Percy Horn(ハーバート・パーシー・ホーン、1864~1916)が1911年にこの建物を購入、修復し現在のような美術館としました。所蔵品数は多くありませんが、所々に無造作に置かれている絵画、彫刻やアンティーク家具などの中には著名な芸術家の作品や歴史的に貴重なものが多くあります。作品の中にはマサッチオフィリッピーノフィリッポ・リッピジョットジャンボローニャなどが含まれています。2004年9月までは、15年の調査の結果ミケランジェロの作品と分かった木製の十字架像が展示されて注目を浴びている美術館です。  (「特集「小さな優良美術館、博物館」イタリア情報サイトペルバッコ」より)]

ホーン美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がホーン美術館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*