ヴェッキオ宮殿

マーカーはヴェッキオ宮殿です。

[Google アートプロジェクト] – 「ヴェッキオ宮殿

ヴェッキオ宮殿
[ヴェッキオ宮殿(Palazzo Vecchio)は、イタリアフィレンツェにある宮殿。シニョリーア広場に面している。1299年から1314年にかけてアルノルフォ・ディ・カンビオ(1245年頃 – 1302年または1310年頃)によって建設され、初めは、フィレンツェ共和国の政庁舎として使われ、一時、メディチ家ピッティ宮殿へ移るまでここを住居としていた。1550年から1565年の間に、ジョルジョ・ヴァザーリ(1511年 – 1574年)によって部分的に改築された。現在でも、フィレンツェ市庁舎として使われている。内部は、「フランチェスコ1世(在位:1574年 – 1587年)の仕事部屋」「500人大広間」「レオ10世の間」「ゆりの間」などの部屋に分かれている。2007年5月、イタリア文化庁は、レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452年 – 1519年)の幻の壁画「アンギアーリの戦い_(絵画)」が500人大広間にあるヴァザーリの壁画の裏側に隠されていると発表した。
ヴェッキオ宮殿・wikipedia-photo、ライトアップされたヴェッキオ宮殿・wikipedia-photo、500人大広間・wikipedia-photo  (wikipedia・ヴェッキオ宮殿より)]

ヴェッキオ宮殿平面図(「フィレンツェのヴェッキオ宮殿(パラッツォデッラシニョーリア)を探検 …」より)]
0階

1階

2階

ヴェッキオ宮殿 – Google Map 画像リンク」、「Torre di Arnolfo – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がヴェッキオ宮殿です。

ヴェッキオ宮殿最初の中庭(Primo Cortile)のカメラです。(0-A)

ヴェッキオ宮殿ヴァザーリの階段(Scalone del Vasari)のカメラです。(0-C)

ヴェッキオ宮殿中庭のカメラです。

ヴェッキオ宮殿「500人大広間」のカメラです。(1-A)

フランチェスコ1世の仕事部屋(Studiolo di Francesco I)(1-2)

ロレンツォ・イル・マニーフィコの書斎(Lorenzo il Magnifico)(1-8)

レオ10世の間(Sala de Leone Ⅹ)(1-13)

地図の間(Sala delle Carte Geografiche)(2-2)

百合の間(サーラ・デイ・ジッリ Sala dei Gigli)(2-1)

謁見の間(Sala dell’Udienza)(2-4)

シニョリーア礼拝堂(Cappelle della Signoria)(2-5)

エレオノーラの礼拝堂(Cappella di Eleonora)(2-12)、カメラ西方向ドア向こうが緑の部屋(Sala verde)(2-11)で、この部屋からヴァザーリの回廊が接続しています。

エレメントの間(Sala degli Elementi)(2-13)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*