アルバ門

マーカーはアルバ門です。

アルバ門
[この門はナポリで現在でも最も通行量が多い場所・デクマーノ・マッジョーレ(現在のトリブナーレ通り)の時代から、トレド通りのちょうど間に位置しています。ダンテ広場は昔、「デル・メルカテッロ広場」と呼ばれて、その後ルイージ・ヴァンヴィテッリにより「フォロ・カロリーノ」と名前を変えました。このことからもわかるようにポル・タルバは、過去の時代の証人でもあるのです。門のファサードにある、聖・ガエターノの彫像は、現在は崩されてしまった、レアーレ門にあったものを持ってきています。  (「アルバ門 – INAPLES – ナポリ観光労働組合」より)]

[ダンテ広場には街で有名な門のひとつ、ポルタ・アルバがあります。この近辺は有名なピッツェリア、本屋、アンティークショップ、手工芸品などの店でにぎわっています。ベッリーニ広場にはベッリーニの像があり、1951年に発見された4世紀ギリシャ時代の壁の遺跡を見ることができます。1600年のサンタ・マリア・ディ・コスタンティーノポリ通りにはたくさんの古い建物や教会があります。ベッリーニ劇場は1864年フォッセ・デル・グラーノ広場にありましたが現在の場所に1877年に移されました。1988年新たに修復されました。  (「アルバ門-いちばん有名な門のひとつ – INAPLES – ナポリ観光労働組合」より)]

カメラ東方向がアルバ門です。

カメラ西方向がアルバ門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*