サント・アンジェロ・ア・ニーロ教会

マーカーはサント・アンジェロ・ア・ニーロ教会です。

サント・アンジェロ・ア・ニーロ教会
[リナルド・ブランカッチョ司教によって1384年に建設が実現した教会で、以前からあった礼拝堂を改築したものと推定されています。そのため、「ブランカッチョ礼拝堂」の名でも知られています。この地区には「セッジョ・ディ・ニド」(当時貴族が集っていた)と古いナポリの「フラトリエ」(一般市民が集っていた)がありました。多くの信者達に愛された教会であり、ナポリ中世の歴史に貢献しています。外部と内部には18世紀、アルカンジェロ・グリェルミネッリの手による改修の跡が見られます。扉口は14世紀と15世紀、扉は16世紀の木製のものです。 (「サント・アンジェロ・ア・ニーロ教会 – INAPLES – ナポリ観光労働組合」より)]

[サント・アンジェロ・ア・ニーロ教会には、ドナテッロ作のナポリの主要な彫刻作品である、枢機卿リナルド・ブランカッチョの記念碑的な墓(Sepolcroデルカルディナーレブランカッチョ)が存在することで知られている。ナポリのキーボードの作曲家アントニオ・ヴァレンテは、1565年から1580年まで、ここのオルガニストだった。
教会外観・wikipedia-photo、バロック様式の内装の墓・wikipedia-photo]

サンタンジェロ・ア・ニーロ聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向が、サント・アンジェロ・ア・ニーロ教会です。

サント・アンジェロ・ア・ニーロ教会内のカメラです。

サント・アンジェロ・ア・ニーロ教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*