サンタ・マリア・ラ・ノーヴァ教会

マーカーはサンタ・マリア・ラ・ノーヴァ教会です。

サンタ・マリア・ラ・ノーヴェ教会
[新しい城(現在のマスキオ・アンジョイーノ、またはカステルヌオーヴォ)の建築のため、古い教会は取り壊される必要がありました。当時の王が新しい建物の建設資金を出し、1279年に工事が着工されました。サンタ・マリア・ラ・ノヴァの建物は16世紀に取り壊されましたが、すぐに再築されました。バンキ・ヌオーヴィ通りのはじめに位置する、素晴らしいキオストロ(回廊)は、今はナポリ県議会の建物となっています。中世宗教建築の素晴らしい例といえるでしょう。教会は、ラテン十字設計で、身廊が一本と付属礼拝堂からなりたっています。内部には聖歌隊席、クーポラ、天井と、フランチェスコ・インパラートの「聖母の昇天」、ファブリツィオ・サンタフェデの「王冠授与」、フランチェスコ・クリアの「マリアの栄光」、やルイジ・ロドリゲスとベリサリオ・コレンツィオの小さい作品が数多い保管美術作品の中に含まれています。その他見逃してはならないのは、ニコラ・マリンコニコの「12の美徳」、マルコ・ピノの「十字架上のキリスト」、ジョヴァンニ・ダ・ノラの「エッチェ・オモ」があります。工事と装飾にはジローラモ・サンタクローチェ、マッシモ・スタンツィオーネ、バッティステッロ・カラッチョロ、ルカ・ジョルダーノとジローラモ・ダウリアも参加しています。(「サンタ・サリア・ラ・ノーヴァ教会 – INAPLES – ナポリ観  光労働組合」より)]

「サンタ・マリア・ラ・ノーヴェ教会」・wikipdia-photo

Complesso Monumentale di Santa Maria la Nova – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がサンタ・マリア・ラ・ノーヴェ教会です。

サンタ・マリア・ラ・ノーヴェ教会キオストロ(回廊)、本堂及びナポリ県議会へのストリートビューです。

サンタ・マリア・ラ・ノーヴェ教会内のストリートビューです。

サンタ・マリア・ラ・ノーヴェ教会中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*