サン・ピエトロ・マルティーレ教会

マーカーはサン・ピエトロ・マルティーレ教会です。

サン・ピエトロ・マルティーレ教会
[宗教的集合建築物は、1200年代の終わりに、以前貧民街だったに地区に建てられ、この地区は浄化されました。はじめは、聖ドミニコ会が所有していた小さな建物だけしかありませんでしたが、15世紀に拡大され、その後ジョヴァン・フランチェスコ・ディ・パルマ(モルマンド)による、とても美しいキオストロ(回廊)が加えられました。修道院はフランス支配下の10年間(1713~1723年)にタバコ工場に変わりました。このタバコ工場は1978年にフェデリコ2世大学の文学部と哲学部の校舎になりました。教会内部は身廊が一本と付属礼拝堂からなるラテン十字設計です。重要な美術作品の中には、セバスティアーノ・コンカの「イル・マルティリオ・ディ・サン・ピエトロ・ダ・ヴェローナ」とジャンチント・ディアーノのフレスコ画、「イル・トランシト・ディ・マリア」と、信者たちとダビデに冠を授ける聖女マリアを描いた、14世紀のレリーフがあります。多くの工事は、ルネッサンス様式の要素を変えました。爆撃による被害を受けたあとの、1953年の改修では建物の一部を、回復させることに成功しました。  (「サン・ピエトロ・マルテイレ教会 – INAPLES – ナポリ観光労働組合」より)]

カメラ東北東方向がサン・ピエトロ・マルティーレ教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*