ナポリ大聖堂

マーカーはナポリ大聖堂です。

ナポリ大聖堂
[ナポリ大聖堂(英文表記:The Cathedral of Naples)は、南イタリアナポリにある、主要な教会。聖堂はナポリの守護聖人、聖ヤヌアリウス(聖ジェナーロ)に捧げて建てられたものである。聖堂は5月の第一土曜日と9月19日の年2回だけ持ち出される、ヤヌアリウスの血液が入った小瓶を収蔵しており、それら年2回の祝祭日には乾ききっているはずのヤヌアリウスの血液が、瓶の中で液状化する。伝承によればこの血液が祝祭日に液体化しなかった場合、ナポリに何か悪いことが起きると考えられている。教会はシチリア王シャルル1世〔カルロ1世 (シチリア王)](シチリア王・在位:1266年 – 1282年、ナポリ王・在位:1282年 – 1285年)により、建設するよう命じられたものである。建設工事は彼の後継者であるナポリ王シャルル2世〔カルロ2世 (ナポリ王)〕(在位1285年 – 1309年)の統治下においても継続され、ロベルト(在位:1309年 – 1343年)の統治下にあった14世紀初期に完成した。建物は古いキリスト教バシリカ建築の基礎上に建設され、それらの跡は未だにはっきりと見られる。教会の下にあった遺跡からは、古代ギリシャ古代ローマの人工物が発掘されている。聖堂内部の主な呼び物は、聖ヤヌアリウスの宝の礼拝堂 (Chapel of the Treasure of St. Januarius) で、内側にはドメニコ・ザンピエーリとジョヴァンニ・ランフランコ作のフレスコ画、ドメニコやマッシモ・スタンツィオーネ、フセペ・デ・リベーラ作による教会上部の装飾、フランチェスコ・ソリメーナの手による豪華な主要祭壇や、コジモ・ファンザーゴ作の柵など、他にも芸術作品を数々収蔵しており、14世紀フランスの巨匠達による聖遺物箱も含まれている。聖堂のファサードは19世紀後期にエンリコ・アルヴィーノによって手を加えられたものであるが、ティーノ・ディ・カマイーノ作の彫刻をいくつか含んだ、15世紀作の入り口はそのまま保持された。
ナポリ大聖堂・wikipedia-photo  (wikipedia・ナポリ大聖堂より)]

『イタリア あっちも! こっちも! と欲張りなたび その34 ナポリ ダ・ミケ

サンタ・マリア・アッスンタ大聖堂 – Google Map 画像リンク」、「Deputation R.Cappella Treasure Of San Gennaro – Google Map 画像リンク」、「Basilica di Santa Restituta – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がナポリ大聖堂です。

ナポリ大聖堂拝廊のカメラです。

ナポリ大聖堂身廊のカメラで、カメラ東方向に聖ヤヌアリウスの宝の礼拝堂 (Chapel of the Treasure of St. Januarius)があり、カメラ西方向に聖レスティトゥータの礼拝堂があります。

聖ヤヌアリウスの宝の礼拝堂 (Chapel of the Treasure of St. Januarius)のカメラです。

聖レスティトゥータの礼拝堂内のカメラです。

ナポリ大聖堂主祭壇前のカメラです。

ナポリ大聖堂主祭壇下クリプトのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*