ノラナ門

マーカーはノラナ門です。

ノラナ門
[ナポリに現存する中世時代の城門のひとつで、街の東方の湿地地帯・現在ディ・サン・タンナ・アッレ・パルディ通りにある城壁沿いに見つけられます。城門の外側では、何千人もの農村人口が街へ流入する状況が起こり、街に入れなかった人々を対象に、この地域は華やかな郊外地区となりました。ナポリは東方に勢力を伸ばし城壁はアラゴン朝の時代に拡張されました。そして1484年に城門はジュリアーノ・ダ・マイアーノによって再建設されます。2つの塔は「信頼」と「希望」と呼ばれ、高肉彫の大理石を使用した馬に乗るアラゴン家のフェルディナンド1世_(ナポリ王)を描いたアーチ、ファサードには聖・ジャンナロの半身が描かれています。ノラーナ門周辺では、露天市場が開かれています。(「ノラナ門 – INAPLES – ナポリ観光労働組合」より)]

ノラーナ門 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がノラーナ門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*