フーガ宮

マーカーはフーガ宮です。

フーガ宮
[フーガ宮は、正式にはAlbergo Reale dei Poveriといい、貧困層のための公立病院で救済院でした。建築家フェルディナンド・フーガによって設計され、工事は1751年に開始された。5階建て、約300メートルの長さがあります。一般に、”フーガ宮”として知られています。ブルボン家の王カルロス3世 (スペイン王)は、極貧、病気だけでなく、貧しい人々が生きること、仕事自給自足のコミュニティを提供するのに収容する施設を目指した。しかし、当初設計は1819年に放棄され、時代の状況応じて建物を完成させる予定であったが、現在も未完成のままです。救済院として運営されましたが、病院として機能しなかった。現在入り口の背後にあるセンターは、展示会、カンファレンス、コンサートなどに使用されます。建物はユネスコの世界遺産リストに含まれている。
2006年復元されたファサード・wikipedia-photo]

リアル・アルベルゴ・デイ・ポーベリ – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がフーガ宮です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*