サン・エリージョ・マッジョーレ教会

マーカーはサン・エリージョ・マッジョーレ教会です。

サン・エリージョ・マッジョーレ教会
[1270年に完成した建築集合体で、アンジュー家出身の3人(ジャン・ドゥトゥン、グイ・レ・ボルグイニョンとジャン・デ・リヨン)の貴族の意思で、完成しました。何回にもわたる改築、改修が行われ、戦争により壊されました。改築されましたが、崩壊前のバロック装飾は取り入れられませんでした。扉口のとなりには、15世紀作の時計のアーチがかけられています。内部は16世紀完成の病院の隣沿いに位置する控え廊下がある、3本の身廊があり、見るべきものは交差穹りゅうと、トンマソ・マルヴィトによる、「ラニー(肉屋)」の礼拝堂です。ナポリ中世ツアーの中で重要な位置をしめる建築物です。(「サント・エリージョ・マッジョーレ教会 – INAPLES – ナポリ観光労働組合」より)
サン・エリージョ・マッジョーレ教会は、1270年カルロ1世_(シチリア王)の治世中に建設された。これは、ナポリのアンジュー家の王朝によって建てられた最初の教会です。教会は、古代の病院の構造に組み込まれていることが、第2次世界大戦後の修復で明らかになった。
「サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会」・wikipedia-photo]

Arco di Sant’Eligio – Google Map 画像リンク」、「Sant’Eligio Maggiore – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がサン・エリージョ・マッジョーレ教会です。

サン・エリージョ・マッジョーレ教会のストリートビューです。