サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(レオナルド・ダ・ヴィンチ作最後の晩餐)

マーカーはサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
[サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会(イタリア語: Chiesa di Santa Maria delle Grazie)は、イタリアミラノにあるカトリック教会聖堂である。レオナルド・ダ・ヴィンチ最後の晩餐 (レオナルド)は、敷地内の修道院にある食堂の壁画であり、ユネスコの世界遺産(レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院)に登録されている。ミラノ公フランチェスコ・スフォルツァがドミニコ修道院と教会の建設を指示し、建築家ソラーリによって長い年月をかけ1469年に完成した。教会のアプスは1492年以降、ドナト・ブラマンテにより改築されたものとされる(明白な証拠はない、という指摘もある)。当時ブラマンテはミラノに居住しており、教会の歴史書のなかにも一度登場している。レオナルドと8歳年上のブラマンテは同時期にミラノに滞在していた。レオナルドの手記にも理想の教会堂のスケッチが残されており、両者の交流があったことが考えられる。教会は第二次世界大戦中に連合軍の空襲を受け、大きな被害を受けた。『最後の晩餐』の前には土嚢が積み上げてあったため、かろうじて被害を免れたという。
教会正面・wikipedia-photo、「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会のアプス」・wikipedia-photo、中庭・wikipedia-photo、「レオナルド・ダ・ヴィンチ画『最後の晩餐』」・wikipedia-photo  (wikipedia・サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会_(ミラノ)より)]

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会 – Google Map 画像リンク」、「Bramante Sacristy – Google Map 画像リンク」、「最後の晩餐 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。

カメラ東南東方向がサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会です。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会身廊のカメラです。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会祭壇前のカメラです。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会中庭のカメラです。

ブラマンテ聖具室(Sacrestia del Bramante)のストリートビューです。

最後の晩餐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*