サン・テウストルージョ聖堂、ポルティナーリ礼拝堂

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    サン・テウストルージョ聖堂
    [中世の伝統の印ともいえる本建物は、司教エウストルジョ2世により古いキリスト教墓地とエウストルジョ1世の遺骨を保存していた小教会跡に建てられたものです。後陣の背にはルネッサンス表現の最高峰であるポルティナーリ礼拝堂が置かれており、ミラノのバンコ・ディ・メディチの代表者、ポルティナーリの命によりつくられてものでポリティナーリ本人の遺骨とともに、異端者に虐殺された殉教者聖ペトロの遺骨も保存されています。フレスコ画や多色の装飾のほどこされたクーポラは大変貴重なものです。ヴィスコンティ夫妻の墓の祀られているヴィスコンティ礼拝堂は高い価値のあるものです。  (「 ミラノの見どころ-ミラノの主な教会」より)]

    [教会の右側・wikipedia-photo、内部・wikipedia-photo]

    ポルティナーリ礼拝堂
    [ポルティナーリ礼拝堂は、1460年に開始し、1468年に完成したルネッサンス様式の礼拝堂です。
    ポルティナーリ礼拝堂とサン・テウストルージョ聖堂の鐘楼・wikipedia-photo、「インテリア向き東。受胎告知は、後陣の入り口を形成するアーチの上に描かれている、両側の二つのドアは、1874年から1875年に開設された。」・wikipedia-photowikipedia-photo]

    Basilica di Sant’Eustorgio – Google Map 画像リンク

    カメラ東方向がサン・テウストルージョ聖堂です。

    サン・テウストルージョ聖堂身廊のカメラです。

    サン・テウストルージョ聖堂祭壇前のカメラです。

    カメラ北東方向がポルティナーリ礼拝堂です。

    ポルティナーリ礼拝堂内のカメラです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *