サン・ロレンツォ・マッジョーレ聖堂

マーカーはサン・ロレンツォ・マッジョーレ聖堂です。

サン・ロレンツォ・マッジョーレ聖堂
[4世紀末に誕生したこの聖堂はその後の時代に施された数々の修復、そして初期キリスト教様式ロマネスク、後期16世紀様式などの重複の結果として様々な様式や要素などのモザイク的集積を表現している教会であり、ファサードは明確なる19世紀様式です。3世紀の古代寺院跡にそびえるコリント式ローマ風の16本の柱の前に本聖堂はそびえています。重要なのはサン・アクイリーノ礼拝堂であり皇帝霊廟として着想されたもので4世紀に遡る本来の構造をそのままの形で保存しています。  (「ミラノの見どころ-ミラノの主な教会」より)]

[「サン・ロレンツォ・マッジョーレ聖堂」・wikipedia-photo、教会内部中央・wikipedia-photo、4世紀末のモザイク画・wikipedia-photo、主祭壇の上のチャペルの天井・wikipedia-photo]

サン・ロレンツォ大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がサン・ロレンツォ・マッジョーレ聖堂です。

サン・ロレンツォ・マッジョーレ聖堂回廊からのカメラです。

サン・ロレンツォ・マッジョーレ聖堂祭壇前のカメラです。

サン・アクイリーノ礼拝堂内のカメラで、カメラ南方向が皇帝霊廟とされるものです。霊廟後ろに地下に降りる階段があり、4世紀に作られた聖堂の基礎を見ることができます。

4世紀に作られた聖堂の基礎のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*