スカラ座

マーカーはスカラ座です。

スカラ座
[スカラ座(Teatro alla Scala、あるいは単にLa Scala)はイタリアミラノにある歌劇場である。初代の宮廷劇場以来の伝統を誇るイタリアオペラ界の最高峰とされる。現在の建物は2代目のもので、初代の歴史的建築物のテアトロ・ドゥカーレ(Teatro Ducale)は1776年2月25日、謝肉祭のガラ・コンサート後に焼失した。劇場のバルコニー席(palchi)を持つ裕福な90人のミラノ市民がオーストリア大公フェルディナント・フォン・エスターライヒに新しい劇場の建設と、新劇場完成までの仮劇場の提供を依頼した(当時ミラノを含む北イタリアはオーストリアの領地であった)。新古典主義建築の建築家ジュゼッペ・ピエルマリーニが最初の設計案を作ったが、オーストリア長官のフィルミアン伯爵はこれを却下した。1776年、第2案が女帝マリア・テレジアにより承認された。新劇場は以前サンタ・マリア・アラ・スカラ教会のあった場所に建設され、ここから劇場名がとられた。教会は取り壊され、ピエトロ・マルリアーニ、ピエトロ・ノゼッティ、アントニオおよびジュゼッペ・フェが2年を費やして劇場を完成した。新劇場は「公国立スカラ新劇場(Nuovo Regio Ducal Teatro alla Scala)」の名で1778年8月3日に落成し、アントニオ・サリエリ作の『見出されたエウローパ』でこけら落としを行った。
「ミラノ・スカラ座」・ファイル:Milano-scalanotte.jpg  (wikipedia・スカラ座より)]

スカラ座 – Google Map 画像リンク」、「スカラ座博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がスカラ座です。

スカラ座観客席からのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*