バガッティ・ヴァルセッキ博物館

マーカーはバガッティ・ヴァルセッキ博物館です。

[Google アートプロジェクト] – 「バガッティ・ヴァルセッキ博物館

バガッティ・ヴァルセッキ博物館
[バガッティ・ヴァルセッキ美術館(Museo Bagatti Valsecchi)はバガッティ・ヴァルセッキ兄弟の考案した住宅・美術館で、17世紀における貴族の館を当時の家具調度や美術品を用いて再現するという非常にユニークな展示方式となっています。  (「ミラノ MILANO」より)]

[1800年代後半から1900年代までバガッティ・ヴァルセッキ一族が所有していた館を用いた博物館。Fausto(ファウスト)とGiuseppe(ジュゼッペ)兄弟が集めたルネッサンス期の作品や甲冑や武具、家具がそのままの状態で展示されています。Via Santo Spirito(サント・スピリト通り)とVia del Gesu`(ジェズー通り)に面した大きな屋敷内はファウスト一家とジュゼッペ一家がそれぞれ使用していたスペースと一緒に使用していたスぺ―スに分かれていて、当時の生活ぶりが垣間見られるサロンやシャワールーム、食堂、寝室などがあります。家に電気を引くのはまれだった時代でしたが、バガッティ・ヴァルセッキ一族の館には電気が引かれ、シャワー室は現在のようにシャワー口からお湯が出てくるようになっていました。建物中央に位置する共通スペースの1つサロンにある暖炉には、訪問客のいたずら書きも残っています。日本語も含んだ主要言語が用意されているイヤホンガイドは、一族の歴史から部屋ごとの主要作品まで詳しく説明してくれ、これを聞きながら進むとたっぷり1時間以上かかります。つい数十年前まで一族が住んでいた館見学は、貴族の生活ぶりを見る意味でもとても興味深いものです。  (「イタリア情報サイト ペルバッコ ≫ 魅力ある町・ミラノ編第2弾 」より)]

バガッティ・ヴァルセッキ美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がバガッティ・ヴァルセッキ博物館です。

バガッティ・ヴァルセッキ博物館階段室二階のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*