ブレラ美術館

マーカーはブレラ美術館です。

ブレラ美術館
[ブレラ美術館の建物は、17世紀に建てられたイエズス会の施設であった。これを1772年、当時ロンバルディア王も兼ねていたマリア・テレジアが入手した。ここに1776年、美術アカデミーが設置され、絵画の収集が始まった。その後、ナポレオンによって美術館として整備され、1809年、彼の誕生日を記念して開館、一般にも公開されるようになった。1882年には国立美術館として開館した。
ブレラ美術館のあるブレラ宮の建物の一角には、1764年に開設されたブレラ天文台(Osservatorio astronomico di Brera)があり、19世紀末から20世紀初頭の約40年間、火星の「運河」を発見したことで有名なジョヴァンニ・スキアパレッリが天文台長を務めていたことでも知られている。現在、天体望遠鏡などの歴史的資料を一般公開している。また、天文台横には1774年に開設されたブレラ植物園(Orto Botanico di Brera)がある。
ブレラ美術館中庭・wikipedia-photo
作品
『柱に繋がれたキリスト』ドナト・ブラマンテ c. 1490・wikipedia-photo、『聖母の婚礼』 ラファエロ c. 1504・wikipedia-photo、『アレクサンドリアにおける聖マルコの説教』ジェンティーレ・ベリーニジョヴァンニ・ベリーニ (1504-1507年)・wikipedia-photo、『聖マルコの遺骸の発見』ティントレット(1548年頃)・wikipedia-photo、『Finding of the body of St Mark』ティントレット c. 1548・wikipedia-photo、『シモンの家の晩餐』パオロ・ヴェロネーゼ (1567-1570年)・wikipedia-photo、『井戸のサマリヤの女』アンニーバレ・カラッチwikipedia-photo、『クレオパトラの死(瀕死のクレオパトラ)』 グイド・カニャッチ(Guido Cagnacci)・wikipedia-photo、『ハガーとイシュマエルを追放するアブラハム』グエルチーノ(1657年)・wikipedia-photo、『The Kiss』フランチェスコ・アイエツ (1859年)・wikipedia-photo  (wikipedia・ブレラ美術館より)]

絵画だけじゃないブレラ美術館の魅力〜ミラノ通信#36 | DRESS …」、「ブレラ美術館の傑作その1@ミラノ : ローマより愛をこめて

ブレラ絵画館 – Google Map 画像リンク」、「Braidense National Library – Google Map 画像リンク」、「ブレラ天文台 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がブレラ美術館です。

ブレラ美術館中庭のカメラです。

ブレラ美術館中庭に面した2階回廊のカメラです。

ブレラ美術館・図書館のカメラです。

ドナト・ブラマンテ作『柱に繋がれたキリスト』(1490年)

ラファエロ作『聖母の婚礼』(1504年)

ジェンティーレ・ベリーニとジョヴァンニ・ベリーニ作『アレクサンドリアにおける聖マルコの説教』(1504-1507年)

カメラ初期設定方向、ティントレット作『聖マルコの遺骸の発見』(1548年頃)。左壁ティントレット作『Finding of the body of St Mark』(1548年)。また、カメラ北方向壁中央にヴェロネーゼ作『シモンの家の晩餐』 (1567-1570年)があります。

カメラ西北西方向上にグイド・カニャッチ(Guido Cagnacci)作『クレオパトラの死(瀕死のクレオパトラ)』、下にグエルチーノ作『ハガーとイシュマエルを追放するアブラハム』(1657年)があります。また、カメラ北東方向壁右にアンニーバレ・カラッチ作『井戸のサマリヤの女』があります。

フランチェスコ・アイエツ作『The Kiss』(1859年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*