ミラノ・カドルナ駅

マーカーはミラノ・カドルナ駅です。

ミラノ・カドルナ駅
[ミラノ・カドルナ駅 (stazione di Milano Cadorna) は、ミラノサロンノ州内鉄道路線の始発駅でFNMグループの主要な駅である。ルイージ・カドルナ大広場 (Piazzale Luigi Cadorna) に位置し、スフォルツェスコ城ミラノ・トリエンナーレに隣接する。駅舎は1879年に当時の市長ジュリオ・ベッリンザーギにより建てられた。当初は木造で山荘の外観であったが、1895年に取り壊されて3階建に建て替えられた。1920年に駅は拡張されたが、1943年に第二次世界大戦の空襲により破壊された。戦後すぐに現在の建物が再建された。駅と周辺の広場は、2000年の建築家ガエ・アウレンティ主導の改修作業が行われ 今は賛否両論のある彫刻家クレス・オルデンバーグの現代彫刻作品『針と糸』も置かれている。
駅の入り口・wikipedia-photo  (wikipedia・ミラノ・カドルナ駅より)]

カメラ北西方向がミラノ・カドルナ駅です。

ミラノ・カドルナ駅コンコースのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*