ミラノ中央駅

マーカーはミラノ中央駅です。

ミラノ中央駅
[ミラノ中央駅 (Stazione Centrale di Milano) または、ミラノ・チェントラーレ (Milano Centrale) は、ミラノを代表する駅で、ローマ・テルミニ駅に次いでイタリアで2番目の乗降客数(1日約32万人)であるだけでなくヨーロッパの鉄道駅としても主要な駅の一つである。 シンプロントンネル(1906年)の開通に伴う新たな交通量の需要を支えることができなくなった古い中央駅(1864年)の替わりに、1931年に鉄道ターミナルとして公式に落成した。 駅は建設中の高速鉄道網 (TAV) 、トリノ -ミラノ – ヴェネツィア、ミラノ – ローマナポリ、ミラノ – ジェノヴァ各線の唯一の集結点となる予定である。計画がまだ決まっていなかったその前に1906年4月28日ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世王が、新駅の最初の石を置いた。建設は1926年に始まった。第1次世界大戦中イタリアの経済危機の為に、計画の進行はゆっくりとなり、初期の計画より簡単になり、続いてより複雑で威厳を持つように変更されていった。 ベニート・ムッソリーニが首相の時代は特に駅にファシスト政体の権力を象徴させたがった。主な変更はホームの新しいデザインとアルベルト・ファーヴァによる全長341メートル、66,000平方メートルの場所を覆う鋼鉄で出来た大きなアーケードの導入である。1925年に建設は再開し、1931年7月1日に郵政通信大臣コスタンツォ・チャーノの前で駅は公式に落成した。現在の駅は重要な修復・改善作業が2005年8月からフェッロヴィーエ・デッロ・スタート・グループの一社グランディ・スタツィオーニにより行われている。作業は2008年に終わる予定。駅は1912年のデザイン最終コンペで優勝した建築家ウリッセ・スタッキーニの作。 計画はワシントンのUnion Stationにより造形が行われた。建物前面は幅200mで天井の高さは72m、これは当時の新記録を誇った。前面の後ろに並行して「ガッレリーア・デッレ・カロッツェ」(Galleria delle Carrozze, 客車のアーケード)が走る。駅の建築様式は一つで無く、リバティ様式やアールデコ他の異なる混合様式である。時々この様式はアッシロ=ミラネーゼとされている。 建築家フランク・ロイド・ライトにより「世界でもっとも美しい鉄道駅」と称された。21番線には王の部屋と武器室に分けられたサヴォイア家王室の待合室「王の間」がある。
朝のミラノ中央駅・wikipedia-photo、ミラノ中央駅内部・wikipedia-photo、「線路の上の屋根: “navata centrale”」・wikipedia-photo、「ミラノ中央駅にいるTAV塗装ETR500列車。 横の機関車はE402B(左)E632 (右)」・wikipedia-photo  (wikipedia・ミラノ中央駅より)]

[ミラノ市街の南東部に位置するミラノ中央駅は、ミラノの主要な鉄道駅であり、1日30万人以上の乗客が利用しています。
ボローニャ、ローマ、ナポリ、トリノ、ヴェネツィアなどイタリアの主要都市と路線が結ばれています。国内路線だけでなく、ベルンパリジュネーブバルセロナミュンヘンといったヨーロッパ主要都市への路線も運行します。また、ミラノ・マルペンサ空港へはマルペンサ・エクスプレスで結ばれています。ミラノ中央駅は地下鉄(M2号線とM3号線)に接続しています。
交通機関と接続
ローカル列車&地下鉄: ミラノ中央駅から地下鉄M2号線とM3号線に乗ると市街地各所にアクセスできます。
バス:ミラノ中央駅からは、バス路線42、60、82、87番で他の駅にアクセスできます。
タクシー: 駅のすぐ外にタクシー乗り場があります。
空港: ミラノ・マルペンサ空港のターミナルからミラノ中央駅まではシャトルバスが運行されています。  (「ミラノ中央駅の鉄道案内|レイルヨーロッパ【公式】」より)]

ミラノ中央駅構内紹介サイト – 「ミラノ中央駅でもう迷うわない!全構内を紹介します | アーモミラノ

カメラ北東方向がミラノ中央駅です。

ミラノ中央駅エントランスホールのストリートビューです。

ミラノ中央駅コンコースのストリートビューです。

ミラノ中央駅プラットホーム手前のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*